第94話

🐰&🐻リク2
951
2023/05/22 12:57
グク
グク
流石に初めてだし
グク
グク
今日は触り合いっこにしておきますか?


テヒョン
テヒョン
へ、?

🐻

てっきり今日は最後までどうせされるんだろうなって思ってたから

俺が最後まで期待してたみたいな声が出てしまった


グク
グク
あっやっぱり最後までしますね
テヒョン
テヒョン
え、いや、別に良いよ?
グク
グク
嫌です、します!

グク
グク
邪魔なのでこれ、どけますね

お互いの裸を隠してた唯一の布である布団をはいだ

自分の体を見られるのも恥ずかしいけど

目の前に広がるグクの大きすぎる体を見るほうが

もっと恥ずかしかった

グク
グク
なんで目つぶるの?恥ずかしい?

頬を優しく撫でてくるグク

テヒョン
テヒョン
グクの体が綺麗すぎて....//



グク
グク
っ....//
グク
グク
クールなのにそんな事言うんですね

グクは微笑むと

俺の胸にキスしてきた

それと同時に萎えているモノを触りだした

テヒョン
テヒョン
えっ...?//
グク
グク
ヒョンの体はまだピュアなままでしょ


ピュア....?




グク
グク
僕があちこち開発して気持ちよくしてあげます
グク
グク
でも今日はここにします

グクはモノを激しく上下させてきた

テヒョン
テヒョン
ぅ....ちょ....まって...//

正直、こんなにしっかりモノを人に触られた事がなかった

日頃では感じられない刺激があって

すぐに痛いほど反り立った








グク
グク
立つとやっぱり大きいですね

目をキラキラさせてガン見してくる





テヒョン
テヒョン
そ、そんな見んなよ

少し体を起こしてグクの抜く手をどけようとしたら

俺を抜いて興奮している大きなモノがあった




俺は無性に中に溜まっているものを出させてあげたくなった





テヒョン
テヒョン
グク....//
グク
グク
どうしました?痛いですか?




やさしっ....//






テヒョン
テヒョン
69、して....みる....?









勇気を出して提案した

69は....お互いのを舐めあうのに良いって聞いたことがある


これなら....



テヒョン
テヒョン
いや.....?///////




グク
グク
ヒョンって意外と変態なんですね♡
グク
グク
良いですよ!しましょ

俺を起き上がらせると

グクはベッドに寝転んで俺に上に来るように誘導してくる


グク
グク
お尻はこっち!♪

中々動き出さない俺を見て

グクは手を引いてきた



今になってだけど

かなり恥ずかしい事提案しちゃったかも

後悔するには遅すぎたみたいで


気づいたらグクの上にまたがっていた




グク
グク
ちゃんとフェラしてくださいね

グクの唇が先端に触れたのを感じた

慌てて俺も大きいグクのを咥えこむ



テヒョン
テヒョン
ふ.....う.....ん....////
テヒョン
テヒョン
んっ......ぁ.....///

頑張って舐めてみるけど

グクのが大きすぎてうまくできない


グク
グク
ヒョン、フェラはこうやってするんですよ
テヒョン
テヒョン
ん?....!...ひゃっ.....ぃ...////


先端の愛液をねっとりとした舌で絡めとられて

根元を手でしごかれる


テヒョン
テヒョン
やばい...グク...イく....///

グクのモノを抜こうと近づけていた手を

ベッドに戻してグクの口から腰を離そうとした


グク
グク
逃げたら気持ち良くなれませんよ
グク
グク
だし69するならヒョンも頑張らないと
テヒョン
テヒョン
ごめ.....んっ....あっ...///

グク
グク
ほんとに悪いと思ってます?


グクのフェラはあっという間に果ててしまいそうになる


でも提案したのは俺だし、

グクと同じように舌で遊んでみる





グク
グク
そう....上手....//




静かな一人暮らしの部屋に

やらしい音が響く



テヒョン
テヒョン
ひっ....ぅ....んっ....ぐく...//
グク
グク
どうしました?//


テヒョン
テヒョン
イキそう....//

グクは返事もしないで

さっきよりも激しく抜いて射精を促してくる

このままだと口に出しちゃうよ...//


テヒョン
テヒョン
んっんっ...ぐが...きいてた?///
テヒョン
テヒョン
出ちゃうよ....//

グク
グク
だへばいいひゃないでひゅか(出せば良いじゃないですか)

テヒョン
テヒョン
そこで話さないで....///あっ...//

腰を痙攣させながらグクの熱い口の中に吐き出した





テヒョン
テヒョン
はぁはぁ...//

グクはよしよしと言わんばかりに

優しく頭を撫でてくれる



テヒョン
テヒョン
ごめん、ぐが
グク
グク
どうしました?

テヒョン
テヒョン
俺だけ気持ち良くなっちゃって....


グクを気持ちよくするために提案したのに

俺だけ気持ち良くなって申し訳なかった

グク
グク
良いんですよ
グク
グク
僕らは死ぬまで一緒ですから



グク
グク
ゆっくり学んで成長してくれたら良いんですよ


テヒョン
テヒョン
ありがと....//



グク
グク
今日はヒョンのイキ顔見れなかったのが残念ですけど
グク
グク
可愛くイってくれたので許します

さっきはいだ布団をまた優しく掛けなおしてくれる



テヒョン
テヒョン
大好きだよ、ぐが
グク
グク
僕は愛してますよ




これからお家デートが増えそうだなーw









...end





こんな感じで良かったかな...

マジで最近書いてなさ過ぎて

レベルが下がってるかも...



お話更新してないのに

プリ小説の通知が毎日来て本当に嬉しいです..//

それではー



プリ小説オーディオドラマ