無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

喧嘩
あなた

おはよう、瑠菜。

瑠菜
瑠菜
おはよう。

なんか……元気ない?

あなた

なんかあった?

瑠菜
瑠菜
……ちょっと…ね。


ちょっと……?


え?



何?

あなた

何?私でよければ話聞くよ?


すると、瑠菜は少し表情を曇らせて話し始めた。

瑠菜
瑠菜
すごくささいな事だったんだけどね、翔と喧嘩しちゃって。

……あぁ。



喧嘩か……


瑠菜
瑠菜
本当に頭にきちゃって。


瑠菜でもそんなことあるんだ。

あなた

それから話してないの?

瑠菜
瑠菜
うん……


なんてアドバイスすればいいんだろ?



仲直り?


わかんないよ…!!
吉田涼介
あなたちゃん、ちょっといい?
あなた

え?あ、うん。


吉田くん?


私に何の用だろう?



私と吉田くんは廊下に出た。

吉田涼介
いやぁ、あの2人喧嘩してるからさ……仲直りさせたくて。

あぁ、そういうことね。

吉田涼介
協力してくれない?
あなた

いいけど……何をすればいいの?

吉田涼介
あ〜、あなたちゃんは瑠菜ちゃんにちゃんと仲直りしてきなって言ってくれればいいから。
あなた

……本当にそれだけでいいの?

吉田涼介
うん!あとはこっちに任せて!
あなた

わかった!



よーし!!


絶対に仲直りさせてやるぞー!!



って、私は仲直りした方がいいってぐらいしか言えないけどね。


瑠菜
瑠菜
涼介何だって?
あなた

あぁ……今度勉強教えてって。

瑠菜
瑠菜
そっか、バカだもんね。私が言えることじゃないけど。
あなた

ふふっ……



さてと、どうやって切り出そうかな……



仲直りしなよ?



いや、上から目線か。


あなた

あのさ……やっぱり、ちゃんと話した方がいいんじゃないかと思うんだけど。



迷ったあげく、出てきたのはこれ。


瑠菜
瑠菜
……翔と?
あなた

うん……

瑠菜
瑠菜
でも、向こうは仲直りしたがってるか分かんないし。
どうしよう……


あなた

で、でも……私は2人には仲良くしててほしいの。

瑠菜
瑠菜
…………わかった。話してくる。
あなた

う、うん!!


よ、よかったぁ……



話す気になってくれて。


吉田涼介
だから!!ちゃんと仲直りしろって!

ん?


りょ、涼介くんっ!?


山崎翔
山崎翔
涼介には関係ない!
吉田涼介
関係あるよ!


はぁ……



これには、山崎くんのもとへ行こうとしていた瑠菜も呆然ぼうぜんとしている。



吉田涼介
(ヘルプ!!)
はっ!?




吉田くんは私に何かを訴えているような?



……私が話せってこと?
吉田涼介
(お願い!!)

いやいや、この状況でどうやって話すのよ!



瑠菜も見てるし……

吉田涼介
(早く!!)
えぇ…………?


あなた

や、山崎くん!ちょっと!!


そして、私は山崎くんを廊下に連れ出した。

山崎翔
山崎翔
何?
あなた

私……瑠菜と山崎くんには仲良くしててほしいの。だから……ちゃんと話してほしい。向き合ってほしい。

山崎翔
山崎翔
…………わかったよ。話すよ。
あなた

本当!?

山崎翔
山崎翔
うん。


よっしゃー!!




やったぞ!!


と吉田くんにガッツポーズ。



すると、吉田くんもガッツポーズ。








そして…………


私と吉田くんのもとに、ちゃんと2人で話してきた瑠菜と山崎くんが戻ってきた。
瑠菜
瑠菜
あなた。
山崎翔
山崎翔
ありがとう。

あぁー!!



仲直りしたんだ。



よかった!!
あなた

ううん、良かった!

吉田涼介
え?は?俺は?
山崎翔
山崎翔
いや、お前はあなたちゃんに押し付けただけだろ?
瑠菜
瑠菜
そうだよ。あなたがいなかったら私たち、仲直りしてないからね?
吉田涼介
…………あなたちゃん、ありがとうございました!!


結局、私は3人からお礼を言われた。





楽しい。





ずっとこの4人でいたいな。



そう思った。





〜作者から〜


すみません!!



投稿遅くてすみません!!



プリコンに応募する小説のことがあって、こっちの小説の方が遅れてしまいました。





これからもよろしくお願いします!!