無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

双葉からの相談
日曜日。


今日は塾がある。


双葉
双葉
ふぅ~。
あなた

疲れるよね。

双葉
双葉
本当どれだけ勉強したらいいのよ……
あなた

でもさ、双葉の成績上がってきてるじゃん。


そう。


双葉は最近確実に成績が上がってきている……が、もう疲れたらしい。
双葉
双葉
高校生ってさぁ、夢見てたんだけど結局勉強だけじゃん?うちらって。
あなた

う、うん…………

双葉
双葉
まあ、あなたは悠真さんがいるか。
あなた

う、うん…………



今日の双葉は………どうした?



何があった?



何か………変。

双葉
双葉
どうせ、私の恋は実りませんよーだ。


え?

あなた

こ、恋?

双葉
双葉
あ………

双葉、好きな人いるの?

あなた

双葉………好きな人…………

双葉
双葉
いるよ。


誰………か聞いていいのかな。
あなた

だ、誰………なの?い、言いたくないなら全然いいんだけど…………

双葉
双葉
望だよ。


え…………?


双葉
双葉
私は望のことが好き。

そ、そうなの?



全然気づかなかった………
あなた

気持ち………伝えないの?

双葉
双葉
伝えたいよ。でも………うちらってそういう関係じゃないじゃん?勉強の仲間っていうか。
それに、今の関係を崩したくない。

それは、そうだけど………
あなた

勉強の仲間でもいいと思う………よ。

双葉
双葉
え?
あなた

例え、どんな関係であっても、双葉が望を思う気持ちは変わらない。
もし、私が望なら嬉しいし、仮に付き合わなかったとしても、今の関係を続けることを選ぶと思う。


あ………


私は何てことを語っていたのだろう。


双葉
双葉
ありがとう。あなた、変わったね。今の方がいいよ。望のことは………考えておく。
あなた

うん。


私が変わったのなら………それは、瑠菜のおかげだよ。



ありがとうね。


瑠菜。





双葉も望も。