無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

帰り
双葉と望と帰っている。

望
あ!
双葉
双葉
何?

急に大きな声出すんだから………びっくりしちゃうじゃん。

望
筆箱忘れた。取り行ってくる!先帰ってて!
双葉
双葉
いいよ。待ってる。ね?
あなた

うん。行っておいで。

望
ありがと!
 
本当、筆箱忘れるとか………バカだなぁ。
双葉
双葉
筆箱忘れるとかバカだね~。
あなた

同じこと思ってた。


そして、二人で笑った。

望、ごめんね~。

双葉
双葉
あ、あのさ………気持ち………伝えてもいいのかな。
あなた

いいと思う。

双葉
双葉
で、でも………今まで告白とかしたことないし。

分かるよ。


その気持ち。



私も悠真さんに気持ちを伝えるとき、スゴく緊張したもん。



あなた

双葉なら大丈夫。

双葉
双葉
………うん。今度、想い伝えようかな。
あなた

がんばれ!

双葉
双葉
人生初の告白!頑張ります!
あなた

おー!


双葉………頑張ってね。









望side


どうしよう………



俺は…………聞いてはいけないことを聞いてしまった。



双葉には好きな人がいる。告白すると言っていた。


あぁー!!




誰なんだ………俺で…………あってほしい。








でも違うよなぁ…………



俺も気持ち………伝えないと、とられるぞ……







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





望
お、お、お待たせ~。
双葉
双葉
何、どうしたの?
望
い、いやぁ、何もないよ?


うん。


この二人もやっぱりお似合いだよ。





付き合ってほしいな。





そして、私たちは仲良く帰った。










~作者から~


最近、一つ一つのチャプターのタイトルにすごく悩んでるんですよね……



何かすみません。こんなこと。




タイトルが被ったり、変だったりしても許してくださいね?


これからもよろしくお願いしますm(__)m