無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

山崎くん
山崎翔
山崎翔
おはよう。影山さん!
あなた

お、おはよう………

昨日、あんな感じで別れたからすごく気まずいかなって思ってたんだけど……… 



向こうはそうでもないのかな。
クラスの男子
え~?何々~?
クラスの男子
山崎、どうしたの~?
クラスの女子
かーけーるくん!何で影山さんに挨拶してるの~?


あ、あの子。


絶対、山崎くんのこと好きだよね。



山崎翔
山崎翔
何でって………席が隣だからだけど?
クラスの男子
今までしてなかったじゃん!
山崎翔
山崎翔
え~?そうだったっけ?
クラスの男子
まあいいや。

男子はまあいいらしいけどさ……

あの女子は絶対そうは思ってないよ。



睨んでくるし。




女ってこっわ!




まあ、自分も女だけど。







それよりも……




今日も悠真さんに会えるかな……





気持ち……伝えられるかな。