無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

343
2019/10/26

第35話

告白………?
塾の帰り。


悠真さんとまだ会えていない。




歩いているうちに、家についてしまった。




せっかく言おうとしたのに。


悠真さん
悠真さん
あ!あなたちゃん!


えっ!?




振り返ると悠真さんがこっちに来ていた。
あなた

悠真さん………

悠真さん
悠真さん
い、いや…なんか昨日話があるって言ってたからさ……
覚えていてくれたんだ。
あなた

あ、はい……

悠真さん
悠真さん
今、大丈夫なら聞きたいんだけど。
よし。今だ!いけ!!自分!!




あなた

あの……私………悠真さんのことが………す

悠真さん
悠真さん
ま、ま、待って!!


え?




なんか止められた!?
悠真さん
悠真さん
あ、急に止めてごめん。なんか口が勝手に………
ぷっ!!


口が勝手にって………w
悠真さん
悠真さん
続けてください………


え?

この状況で続きをいうの!?


恥ずかしいじゃん!!
あなた

………………悠真さんのことが……す、す、好き……です。

悠真さん
悠真さん
ま、マジで言ってるの!?
あなた

ま、マジじゃないとこんな恥ずかしいこと言えません!!

悠真さん
悠真さん
俺も好きだよ。………俺と付き合ってください。
あなた

は、はい。



ん?



これは………どっちからの告白だ?







まあどっちでもいいや!!






でも、考えてもいなかった。




私の初彼氏が警察官だなんて。






あぁ、幸せ。