無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

瑠菜の告白 瑠菜side
瑠菜
瑠菜
じゃあ、行ってくる。
あなた

うん!頑張って!待ってるから!

瑠菜
瑠菜
ありがとう………


山崎の気持ちも分からなくはない。



あなたって可愛いし。



メガネ外したときなんて、モデルかと思ったよ。


あなた、隠しててごめんね。











私の初恋は……山崎なの。





向こうは覚えてないかもしれないけど。









屋上に行くと、山崎はもういた。






山崎翔
山崎翔
話って?何?
瑠菜
瑠菜
あ、うん。
山崎翔
山崎翔
ん?影山さんのこと?
瑠菜
瑠菜
ち、違うよ、翔。

すると翔はスゴく驚いた顔をした。



そりゃそうだよね………覚えてないよね………。
山崎翔
山崎翔
もしかして………瑠菜……?


えっ………?



覚えてくれてるの?
瑠菜
瑠菜
うん!瑠菜だよ。あのときの告白の返事、教えて欲しい。


私は幼稚園の頃まではこっちに住んでいた。


翔とは仲がよかった。



そして、引っ越すことになったとき、別れ際で翔に告白した。




大好きですって。









でも………私は返事を聞かずに、引っ越した。
山崎翔
山崎翔
瑠菜は………あのときから気持ち、変わってないの?
瑠菜
瑠菜
変わってないよ。

翔以外好きになったことはない。
山崎翔
山崎翔
瑠菜……………俺はあのとき、瑠菜のことが好きだった。
でも……瑠菜が引っ越してから、瑠菜のこと忘れようとしてみたけど……………無理だった。
それから、初めて好きになれたのが、影山さんだよ。
瑠菜
瑠菜
そうだったんだ…………
山崎翔
山崎翔
影山さんにはあの警察官がお似合いだと思ったよ。
瑠菜
瑠菜
そうだね。
山崎翔
山崎翔
瑠菜……こんな俺でいいならよろしく。
瑠菜
瑠菜
ほ、本当!?
山崎翔
山崎翔
うん。



やった!!




翔と付き合えるなんて…………!!





あなたに報告だ!