無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

337
2019/10/28

第37話

嫌がらせ
クラスの女子
………っ!!


”ドンッ”

あなた

いった………ぁ……………

クラスの女子
あ、あ、あんたが悪いのよ!!が、ガリ勉のくせに、翔に手を出したりするから!!

私にそう吐き捨てて逃げたのは、長山楓。



山崎くんと何かあったのかな。




でもだからって、あーゆーことするのはどうかなぁと思うけど。



あんな人にはきっと言ってもわからない。

山崎翔
山崎翔
何してんの?
うっわ。

あの子がいなくてよかったぁ………



まあ、モテるのも分からなくもない。



イケメン………の中に入ると思うし。


男子の中じゃ、性格も頭もいい方だろうし。



山崎翔
山崎翔
影山さん?
あなた

え?

山崎翔
山崎翔
あ、もうあのことは気にしないで。
あなた

あ、うん………

気にしないで、と言われても気にしちゃうよね………





私の人生の中では滅多にない告白だし。



あなたは一応、私の親友の好きな人でもあるわけだし!

クラスの男子
山崎ぃー!先生読んでるぞ~!
山崎翔
山崎翔
今行く~!じゃあね。


瑠菜の恋………実ってほしいな。



瑠菜には幸せになってほしいもん。






でも……………



もし、瑠菜が山崎くんと付き合って、今の私みたいに嫌がらせをされるなら………今度は私が守る番かな。