無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

私は今日、塾があったことを思いだし、塾に向かった。

望
おー、あなた遅かったなぁ。
双葉
双葉
そ、そうよ。どうしたの?
あなた

塾があること、さっき思い出しちゃって。

望
えー!!
双葉
双葉
あなたも忘れるんだ!?

そんな驚くかなぁ。


人なんだから忘れるのって当然じゃない?

あなた

人なんだから忘れることもあるよ。

双葉
双葉
まあ、そりゃそうだけど…………意外。
望
案外抜けてるところもあるんだな。


何か………私って今までどう思われてたんだろう。

先生
はーい。前向いてー!

そうして、塾の授業が始まった。