無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

帰り
悠真さん
悠真さん
あ、あなたちゃん。
あなた

悠真さん。



塾からの帰り道。



久々に悠真さんと会った。

悠真さん
悠真さん
何?なんか表情固くない?
あなた

い、いつもと変わりませんよ。

悠真さん
悠真さん
そうかな。
なにか悩んでるんだったら、遠慮なく言って?


悩んでる……のかな。


あなた

悠真さんは……いつから警察官を目指したんですか?

悠真さん
悠真さん
……小学5年生ぐらいかな。


小5。




そんな早くから夢があったのか……





そして、その夢を叶えてる。


すごいな。


悠真さん
悠真さん
何で?
あなた

ちょっと、進路のことで……

悠真さん
悠真さん
進路か……
俺も悩んだなぁ。


悩んだ?


あなた

悠真さんも悩んだんですか?

悠真さん
悠真さん
当たり前じゃん。
警察官になれなかったらどうしよって考えてたよ。


そうなんだ……

悠真さん
悠真さん
でもね、本気でなりたいって気持ちがあるやつは必ず報われるって父さんから言われてさ、そうだなって思ったんだよね。



本気でなりたいって気持ち。


あなた

私は……夢がなくて。
ずっと、小さい頃から東大を目標にしてきました。だから、自分のやりたいことが見つからなくて。

悠真さん
悠真さん
そうだよね……まあ、まだ一年はあるわけだし、ゆっくり考えてみなよ。焦らずに、ね?
あなた

はい。



焦らずに……




ゆっくり考える。







あと一年。






自分に向き合って。





〜作者から〜




いつも読んでいただき、ありがとうございます。

みなさん、お気づきでしょうか?


表紙を変えさせていただきました。


前の表紙はタイトルが見にくかったので……



まやルームの方で質問したところ、人気の高かったAにさせていただきました。



これからもよろしくお願いします!