無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

友達
こんな私にも友達と呼べる人はいる。




双葉と望。


小学5年生のころに塾が同じで、仲良くなった。
双葉
双葉
あなたー!今回のテスト終わった……
あなた

私もだよ。

双葉
双葉
望はどうなの?
望
まあまあ。さすがにあなたには勝てねーけど。笑
私の中でこの二人と一緒にいる時間だけが幸せなんだ。


二人は私の家のことも知ってるし。



お互い、勉強をしないといけない家系に生まれてきたから。


といっても、やっぱりうちの厳しさは異常らしい。



まあ、双葉や望の家は90点代をとれば褒めてもらえる。



でも、うちは90点代なんてとって当たり前だから。




家にいても、落ち着かない。


学校にいても、嫌いなやつらがいるだけ。



やっぱり、この二人といるときが



三人でいるときが、私は最高に幸せなんだ。