無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

学校
瑠菜
瑠菜
おはよう!
あなた

お、おはよう………

瑠菜
瑠菜
ん?どうしたの?悠真さんとのデート、何かあった?

あ………そうか。


あの検査表を見てから、すっかり忘れてた。



えっと…………
あなた

いや、何から話したらいいのか………

瑠菜
瑠菜
えっ?そんなに何かあったの?
あなた

あったといえば、あったかな。

瑠菜
瑠菜
何!?


…………美優のことは……言っていいのだろうか。


瑠菜に教えたところで悪いことするわけでもないし、いいか。

あなた

あのね、待ち合わせ場所に行ってるときに………


私はそれから、美優のことを話した。

瑠菜
瑠菜
え…………
先生
はーい!席ついて~!!
あなた

じゃあ、またあとで。

瑠菜
瑠菜
うん。


お母さんのこと…………瑠菜に相談してもいいのかな。



話さない方がいいのかな…………




まずはお兄ちゃんに相談するべき?





だよね。



家族だもん。


先生
えっと……今日の欠席は…………篠原さんね。
上山愛花
せんせー、何で美優は休みなんですか~?
先生
先生もよく分からないんだけど、何か体調悪いみたい。
上山愛花
え~?美優いないとつまんな~い。


美優、体調悪いのかな。


あれから、どうなったんだろう…………