無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

デート
悠真さん
悠真さん
………どうしようか。


今はまだ昼前。


時間はある。

あなた

どうしましょうか。




遊園地に行けないこともないけど………

悠真さん
悠真さん
また今度にしようか。
あなた

………行きましょう。

悠真さん
悠真さん
え?でも………お友達…………
あなた

友達じゃないですよ。仲のよかった友達にも裏切られたって言ったと思うんですけど、その子です。

悠真さん
悠真さん
…………そう、なんだ。

友達じゃない…………




ただのクラスメイト。


あなた

それに、明日からはお母さんが帰ってくるので、デートも中々行けませんし。

悠真さん
悠真さん
そうなの!?じゃあ、行こう!
あなた

はい。



そして、私たちは悠真さんの車に乗って、遊園地に行った。



悠真さん
悠真さん
ジェットコースター好き?
あなた

はい。あまり乗ったことないですけど。

それから、私たちは何回転もするジェットコースターや色んなアトラクションに乗った。

悠真さん
悠真さん
もう暗くなってきたし、帰る?
あなた

観覧車、乗りたいです。

悠真さん
悠真さん
観覧車?いいよ。行こうか。



私たちは観覧車の列に少し並んで、ゴンドラに乗った。

悠真さん
悠真さん
なんか、緊張するね。

観覧車には乗りたかった。





でも…………


何を話したらいいのか…………分からない!!





どうしよう…………

悠真さん
悠真さん
さ、さっきの…………
あなた

なんですか?

悠真さん
悠真さん
え、いや、やっぱなんでもない。
あなた

気になるじゃないですか。





何!?

悠真さん
悠真さん
さっきの倒れてた子?何でついてこないでって言ったんだろうね。救急車も呼ばないでって言ってたし。
あなた

確かに。何でですかね。



…………どうしよう。






本当に話すことがない。





遊園地ダメだ。

悠真さん
悠真さん
お母さんは明日帰ってくるんでしょ?
あなた

はい。前よりよく話すようになりました。

悠真さん
悠真さん
そっか。…………あのさ、そんな堅苦しい敬語使わなくてもいいんだよ?


え…………





敬語使わなくてもいいって言われたけど、無理だよ。

あなた

で、でも…………落ち着かないんで。

悠真さん
悠真さん
そっか。でも、少しずつでもいいから、気楽に話してよ?
あなた

はい。



そうこう言っているうちに、観覧車は一周したみたい。





それから私たちは観覧車を降り、悠真さんの車で帰った。






悠真さん
悠真さん
じゃあね。また今度。
あなた

はい。ありがとうございました、

悠真さん
悠真さん
…………じゃ。



私は悠真さんの車を見送って家に入った。