無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

電話
私は公園に来た。


今日は帰りが早いらしくて、家にはお母さんがいるから。



お兄ちゃんに電話しよう。






"プルルル………"


お兄ちゃん
もしもし。
あなた

あ、お兄ちゃん?

お兄ちゃん
あなたか。用は?


せっかく妹が電話してきてくれたっていうのに、冷たいなぁ。


あなた

あ、お母さんのことなんだけど……

お兄ちゃん
ん?
あなた

私、見ちゃったの……乳がんの検査表。

お兄ちゃん
…………でも、まだ診断されてるわけじゃないんだろ?俺は聞けないから、母さんに直接聞いてくれ。何だったのかは連絡してくれればいい。
あなた

……………分かった。




聞けるわけないじゃん。





聞けるなら最初から聞いてるよ…………





家戻ろ。






~作者から~


『まやルーム』の方で小説に関する話をするものには📖のマークをつけました。


よろしくお願いします!