無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

屋上
あなた

ってことがあったの………

瑠菜
瑠菜
……最低だね。
あなた

うん。



私は瑠菜に美優たちがトイレで話していたことを話した。
瑠菜
瑠菜
でも…………よかった。
あなた

え?


な、何がよかったの?
瑠菜
瑠菜
あなたが何もされなくてよかった。

る、瑠菜…………!!
あなた

あ、ありがとう………!!

瑠菜
瑠菜
何でよ。私は何もしてない。
あなた

そ、そうだけど…………とにかく、ありがとう。

瑠菜
瑠菜
どういたしまして。


やっぱり瑠菜は最高の親友だよ。



こんな友達に出会えてよかった。





美優なんかとは違う。







瑠菜は最高の親友だよ。


ありがとう。