無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

手紙

【悠真side】







悠真さん
悠真さん
あれ?

仕事から帰って、ポストを確認するとあなたちゃんからの手紙が入っていた。




手紙を封筒から取り出し、開く。







* * *




悠真さんへ


あなたです。

急な手紙で驚かせてしまいましたか?


すみません。


私は今、これを飛行機の中で書いています。


悠真さんとのこと、初めてあったことから全て思い出しています。

あのとき、まさかこんなことになるなんて考えてもいませんでした。

改めて考えるとすごいですよね。


あれから、どんどん距離が近くなって


でも、何よりも感謝してるのは

あの時言ってくれたことです。


私の人生なんだからって

あの時相談してなかったから東大を受けていたのかも分かりません。

多分、受けていたとしても、今のような気持ちではなかったと思います。


あれから色々ありましたが、本当に今の私があるのは悠真さんのおかげです。


本当にありがとうございました。


これからもよろしくお願いしますね笑


あなた




そんな事ないのに……


でも、何故か俺の目からは涙が出ていた。


なんで泣いてるんだ、俺。







悠真さん
悠真さん
ん?


手紙を封筒にしまおうとすると、もう一枚小さな紙が入っていることに気がついた。



なんだろう、これは。








悠真さん
悠真さん
クッ…礼を言うのは俺の方だよ、あなたちゃん。








その紙にはこう書かれていた。



















"私に幸せを教えてくれてありがとう"






と。




❦ℯꫛᎴ❧