無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

悠真さんの家2
それから、私の連絡先も教えたり、悠真さんの話聞いた。
あなた

あ、もうこんな時間。

時計を見ると、18:37だった。
あなた

明日も学校なので帰ります。

悠真さん
悠真さん
うん。送るよ。
あなた

い、いいですよ。

悠真さん
悠真さん
俺が送りたいから!
あなた

いや、自分で帰れますから!

悠真さん
悠真さん
ただ、俺が送りたいだけ!
……何かこのままいても決着つかないよね。
あなた

………分かりました。お願いします。

悠真さんの車に乗る。
あなた

そういえば、仕事は?休みですか?

悠真さん
悠真さん
いや、ちょうど帰りだったんだ。早めに帰らせてもらうことになってね。
あなた

そうなんですね。

悠真さんの家から私の家は結構近く、車で5分ぐらいしかかからなかった。
悠真さん
悠真さん
何かあったら連絡して?
あなた

あ、はい。

何だか、悠真さんといる時間はあっという間に感じられた。