無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

相談
やっぱり、相談せずにはいられない。


瑠菜
瑠菜
で?何?相談って。
あなた

あのね………私、悠真さんのこと……好きになったかもしれない。

瑠菜
瑠菜
うん。


え?


あなた

驚かないの!?

瑠菜
瑠菜
うん。大体そうかなぁって思ってた。
あなた

……え。



そんな……


気づかれてたの?



自分が気づく前に?
瑠菜
瑠菜
で?気持ち、伝えるんでしょ?
あなた

昨日、言おうとしたんだけど……



と昨日のことを話した。

瑠菜
瑠菜
そっかぁ。でも!!今日こそは伝えなよ!!
あなた

そ、そうは思ってもさぁ、中々言えなくて………

瑠菜
瑠菜
まあねぇ……でもさ、悠真さんもあなたのその気持ちを聞いて、嬉しいだろうし。山崎だって、それぐらい緊張したんじゃないかな。


………え?





何で?


何で山崎くんのこと知ってるの!?
あなた

何で山崎くんのこと知ってるの!?

瑠菜
瑠菜
あ………
そういうと、瑠菜はしまったという顔をした。
あなた

何で?

瑠菜
瑠菜
いやぁ、実はさ、あの日。私も屋上にいたんだよね………
あなた

え?何で!?

瑠菜
瑠菜
昼休み、忘れ物しちゃってさ。隅々まで探してたら山崎が来て。そしたら、あなたが来たから見てたら………ってわけ。
あなた

それならそうと言ってよ!!

瑠菜
瑠菜
だから今言ったじゃん。

はぁ………



でも……


そうだよね。



山崎くんもあんなにさらっと言ってくれたけど、緊張してたんだよね。

瑠菜
瑠菜
だから、頑張りなよ!
あなた

う、うん……頑張る………


頑張ろう。