無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

おでかけ
 
私たちは隣の区のショッピングモールにきた。



すごく広いし、人も多い。



お母さん
お母さん
何か欲しいものある?


欲しいものか………



う~ん………




あんまりないなぁ。



お母さん
お母さん
その顔はあんまりなさそうね。じゃあ、ぐるっと回ってみようか。
あなた

あ、うん!



って、私………そんな顔に出てるかな?




まあ、いいか。




まず、私たちはエスカレーターを上り、2階の専門店街へ。







あ………




この服……かわいい。




黒のニットと赤のニット。


望にもらったマフラーにも合いそうだな。


お母さん
お母さん
これ、欲しいの?
あなた

え?あ、ううん。いいよ。

お母さん
お母さん
今日はあなたの誕生日なのよ?遠慮しなくていいから。黒と赤、両方買う?
あなた

う、うん。


何か全部お母さんに見透かされてるな。(笑)




本当に可愛い。



私には似合うか分からないけど。

お母さん
お母さん
じゃあ、また歩こうか。



色々な店があるなぁ。


店員さんもすごい高い声で呼び掛けてる。



タイムセールでーすって。


お母さん
お母さん
文房具とかいらない?
あなた

文房具は………あるから大丈夫。

お母さん
お母さん
でも…………今まで、あんまり可愛い文房具買ってあげられなかったから……ね?
あなた

いいの?

お母さん
お母さん
うん。好きなの選んで?


う~ん………





あ、






この筆箱……かわいい。



あなた

この筆箱……欲しい。

お母さん
お母さん
いいわよ。他にも選んでおいで。


それから、私は手帳やシャーペン、手鏡、くし、ポーチなどを選んだ。

あなた

いいの?こんなにいっぱい。

お母さん
お母さん
いいの。あなたへのプレゼントよ。


それからも、ショッピングモールを回り、色々な店に立ち寄った。




気づけば、昼の一時。

お母さん
お母さん
お腹すいた?
あなた

うん。何か食べたい。

お母さん
お母さん
ここの近くにおいしいパンケーキ屋さんがあるんだけど、行かない?
あなた

行く!食べたい!!



パンケーキなんて、いつぶりだろう。




昔食べたパンケーキがものすごく美味しくて、いつかまた食べたいって思ってたんだけど…………



あまり食べる機会がなかったんだよね。






私たちは、ショッピングモールを出てバスでパンケーキ屋さんの近くまで行き、それからは歩いた。


お母さん
お母さん
ここ!
あなた

うわぁ……きれい!!



そこは、すごくきれいでおしゃれな建物だった。

お母さん
お母さん
入ろっか。
あなた

う、うん。


"チリンチリン"

店員さん
いらっしゃいませー。2名様ですか?
お母さん
お母さん
はい。
店員さん
お席へご案内します。


結構、人もいるなぁ。

店員さん
どうぞ。ご注文がお決まりになられましたら、お呼びください。


私たちはメニューを開く。




いちごやチョコ、アイスや生クリーム、メイプルシロップなどがのったパンケーキが色々のってあった。



お母さん
お母さん
何にする?
あなた

……じゃあ、このいちごのやつ。

お母さん
お母さん
じゃあ、お母さんは…………チョコのにしようかな。




ーー10分後ーー




店員さん
お待たせいたしましたー。

うわぁー!!



おいしそう…………

お母さん
お母さん
じゃあ、食べましょう。

"いただきまーす"





んー!!


あなた

おいしい!!

お母さん
お母さん
美味しいわね!


本当に、パンケーキっておいしい~!











そして、私たちは近場でゆっくりしてから家に帰った。