無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

洋服選び
学校帰り。



今日は私は塾がないんだけど、瑠菜は塾があるみたいで……





明日の遊園地に備えて、私は一人で洋服屋さんに来たんだけど……




どれにしよう…………





たくさんありすぎて困る。



店員さん
どうされました?
あなた

え?あ、あの、遊園地のデートに来ていく服ってどんなのがいいんですか?

店員さん
遊園地ですか。……こんなのはどうですか?


そういって、店員さんが選んでくれたのは、青いニットに黒のズボンだった。



かわいい……



あなた

こ、これにします!!

店員さん
はい。じゃあ、レジに行きましょうか。





よし。


完璧!





優しい店員さんでよかった。


あとは遊園地を楽しむだけだね。





早く明日にならないかな。