無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

454
2021/09/28

第8話

6
竜胆side

















マイキーのことで悩んでたことを聞いて、






やっぱりこいつの中にはマイキーしかいないんだって改めて自覚した。






























マイキーが無視してる理由…










俺にも分からない。























わけではない…

























きっとあれは、"嫉妬"なのだろう。
























❁❁❁










マイキーside
















アジトに帰るといつも通りあいつは俺の所に来た。

















でも…

























なんでさっき蘭と抱き合ってたんだ






















心の奥がモヤモヤしてムズムズして、これも黒い衝動のひとつなのかと少し思った。





















けどそれは違う。




























俺はまだ気づかない。気づきたくない。























この気持ちに________。
























❁❁❁













竜胆「とりあえず距離置いてみたらどうだ。」














あなた「…それは嫌。」














私から離れたら、もう近づいてくれなさそうだから。


































竜胆「そもそもお前距離近すぎなんだよ。12年前はそんなんじゃなかったろ」
















あなた「んー、そうだっけ。覚えてないなー」


















竜胆「…お前、」
















あなた「離れられないんだよ。」










あなた「約束、したから。」





































もう離れないって約束を。





































だから私は、首領に仕えるの。