無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

488
2021/09/26

第4話

2
あなた「…まぁ?マイキーの言うことなら…聞いてあげなくもなかったりしちゃったりするけど、?」

















三途「ツンデレかよ」











竜胆「12年前とは大違いだな」













あなた「っるせぇよ!!!」














あなた「あ~あ、はやくマイキー帰って来ないかなぁ…」











あなた「酷いよ…起きたらいないんだもん、、大丈夫かな、」





















三途「これが恋する乙m…」


















ガチャッ





















あなた「…っ、!マイキー!!」















あなた「やっと帰ってきたんだね!心配したんだよ」









あなた「春千夜達に聞いて本当にびっくりした!ねぇ私なんか大丈夫だから側近させてよ~!!!」

















三途「あれはもはや二重人格…

















ピキッ















あなた「聞こえてんぞ春千夜~」




















三途「………」



























マイキー「……胡蝶、」










あなた「…っはい!」





















































マイキー「この部屋の散らかし様はなんだ」






















ギクッ





















あなた「そ、それは春千夜が…!!←」



















三途「は!?お前がものに当たったんだろうが!!」


















あなた「う"っ…し、知らん!!!」

























マイキー「…おい胡蝶、俺の部屋来い。」












あなた「は、はい…!」


























「「「「(…あ、こいつ終わったな)」」」」






















❁❁❁




















パタン



















やばいやばいやばい殺される私死ぬ?え、嫌なんだけどどうしよどうしよ











マイキーの顔がいつにも増して暗いよ怖いよ睨まないでよ春千夜スクラップにすんぞマジで←




















ねぇマジでどうすんのこれやばいんだけど















とりあえず謝るか


























バッッ!





















あなた「すみませんでしたぁぁぁああ!!!」















































マイキー「…?呼んだのはその事じゃない、」

































あなた「…え、」































助かったぁぁああああ!!!のか、?