無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

372
2021/09/29

第9話

7
プルルルル










着信音が鳴り響く。










画面を見てみれば"花垣武道"の文字。











今日は私以外誰もアジトにいないので電話に出た。

























あなた「…武道くん、?いきなりどうしt…」



















武道「今すぐ○○ビルに来てください!!」









荒々しい声で私に言う。













あなた「…?なんで?武道くん今どこにいる?」



















武道「○○ビルの屋上っす!!!」













もしかして、と思うと身体が身震いを起こす。
































あなた「…今から、行く。」

























ブチッと電話を切り私はアジトを飛び出した。

























❁❁❁



















ガチャっと屋上の扉を開ける。

















目の前には背を向け仁王立ちしているマイキーがいた。
























武道くんはここにはいない。何処にいるんだろうか。


















そして、何故マイキーはこんな所にいるのだろうか













































あなた「マイキー!!!!!!」




















声を張って大きくマイキーの名を呼んだ。






























でもマイキーは、返事をしてくれなかった。