無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3 話
鱗滝左近次

なぜだろうか
あなたは、着いてこいれていれている
やっぱり、あなたは、何か凄い剣士になるかもなぁ
鱗滝左近次
ここだぁ
はい、、、
炭治郎
炭治郎
鱗滝さん おかえりなさい!
炭治郎
炭治郎
この子は、誰?
鱗滝左近次
今日拾って来た、お前と一緒に修行する、子だから仲良く
炭治郎
炭治郎
俺は、炭治郎よろしく
私は、あなたよろしく( *´꒳`* )
炭治郎
炭治郎
【ドキッ、あれ今ドキッって】
炭治郎
炭治郎
【ももももしかしてあなた事がすすすす好きなのかなぁー//////】
炭治郎
炭治郎
//////
炭治郎、大丈夫?
顔赤いよ?
炭治郎
炭治郎
え、あぁ、大丈夫【顔近いよぉ//////】
よかった
鱗滝左近次
今日は寝ろ明日から、修行だ
炭治郎
炭治郎
はい!
はい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
鱗滝さんの口調が冨岡さんな感じだけども許してね!