無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

23 話
疲れた
この血 1度自分自身でやってみよ
そうしたら 太陽に当たれる
チク
あ、ガァハ
バタ
ここどこ?
自分の過去が見える
あれ
私鬼、炭治郎達が心配してる
人間 鬼滅隊 に戻らなきゃ
鬼舞辻無惨お前を殺すからな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハァ
炭治郎を助けなきゃ
でも、
























他の人は、誰だったのだろう
ーーーー
柱達
主
今の状況は
主
禰豆子の血を入れた瞬間に過去の記憶が蘇り鬼舞辻無惨を殺すという殺意が湧きます。しかし柱達の事は忘れてしまいます
記憶に残っているのは、
炭治郎→想い人
善逸→幼なじみ
だけ覚えているという、状況です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの二人を助ける鬼舞辻無惨を殺す絶対に
それからというもの
私は、あの二人の為に一年間鍛錬を続けた
そうして 私は世界が認める鬼滅隊となった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その実力は 上弦なんか呼吸なしで鬼首が斬るという事
とても実力がある人物だった
それは、もちろん柱の人達にも、鬼滅隊のひとにも、知っている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
胡蝶しのぶ
あの、お話知ってますか?
冨岡義勇
もちろんだ
甘露寺みつり
確か、上弦なんか呼吸なしで鬼の首を斬るだったよね
宇髄天元
派手に強い  強いすぎてもう派手派手だぁ
無一郎
そうだっけ
不死川さねみ
なぜ強いのに柱にならないのだぁ
煉獄さん
不思議だな!
胡蝶しのぶ
私達も知らないですよね
胡蝶しのぶ
柱達にならないという事を
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
善逸
なぁ、炭治郎
善逸
あの、お話
炭治郎
炭治郎
あぁそうだな
善逸
もしかしたらあなたかもしれない
炭治郎
炭治郎
そうなのか?
善逸
俺もまだ知らないよ
そう、炭治郎が手を握って居たのに朝になると消えていた、それからというものあなたの手掛かりは、見つからなくなった
伊之助
おい、子分
伊之助
明日から嫌な予感がする
炭治郎
炭治郎
そうなのか?
伊之助
鬼舞辻無惨が来るかも知れない
炭治郎
炭治郎
?!
善逸
?!
善逸
何言ってんの
伊之助
本当だ
炭治郎
炭治郎
柱達にいらせないと