無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

31 話
なんでだろうチクってしたの
恋柱さんに聞いてみよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
恋柱さん!
甘露寺みつり
あなたちゃんじゃないの!
甘露寺みつり
あと、恋柱さんじゃあなくていいのよ!
甘露寺みつり
敬語もなしね
はい!
甘露寺みつり
みつりって呼んでちょうだい
いいよ
あのね、星夏が炭治郎にギュってしてたじゃあないその時に心がチクっとしたの
なんでだろうと思ってね
甘露寺みつり
それは、嫉妬って言うのよ
し、嫉妬!
 /////
甘露寺みつり
可愛い!
甘露寺みつり
あと、なんで炭治郎君からの告白を断ったの?
それはね、鬼がまで全滅していない
その鬼は、鬼舞辻無惨より強いし
炭治郎と私が付き合ったら炭治郎が悲しむかもしれないほら炭治郎って心がとても広いからね
甘露寺みつり
そうなのね
甘露寺みつり
私達、いや柱達のみんなでその鬼を殺しましょうね!
あ、ありがとう!
甘露寺みつり
いえいえ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
炭治郎
炭治郎
あ、あの離してくれませんか
星夏【ほしか】
いやだもん
星夏【ほしか】
恋人だから手を繋いでも大丈夫なのよ
炭治郎
炭治郎
いや、俺は星夏さんの恋人になってもいません
星夏【ほしか】
じゃあ星夏って呼んでくれたら離すよ
炭治郎
炭治郎
分かったから
星夏【ほしか】
ありがとう
星夏【ほしか】
あとは、お茶しよ
炭治郎
炭治郎
嫌です
星夏【ほしか】
お茶したらもう関わらないからね?
炭治郎
炭治郎
分かりました
星夏【ほしか】
ここのお茶美味しいね
炭治郎
炭治郎
フラ
星夏【ほしか】
ふふっ
星夏【ほしか】
【このお茶の中に惚れ薬を入れて正解】
炭治郎
炭治郎
星夏!お前の事が好きだ
星夏【ほしか】
ありがとう
星夏【ほしか】
じゃあこの女とこいつら殺そうよ
ーーーー ーーーー
あなた 柱達
炭治郎
炭治郎
なんで?
星夏【ほしか】
うるうる私ねぇこの人達にねぇ殺されそうになったのぉ
炭治郎
炭治郎
大丈夫だったかよし俺が殺すよ
星夏【ほしか】
その前に
星夏【ほしか】
外に出よう
星夏【ほしか】
まだ、お店の中だからね
炭治郎
炭治郎
そうだな
星夏【ほしか】
ねぇ頭貸して
炭治郎
炭治郎
星夏【ほしか】
ザク←血をふんだんに与えている
炭治郎
炭治郎
ガハァ
星夏【ほしか】
炭治郎は、私の上弦の壱だからね