無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

15 話
私は、鬼との暮らしが好きだった
私は、元々親の事が嫌いだったし柱みんなは、裏切るしだから鬼の方が好き
童磨
あなた殿どうしたの?
ううん何も無いよ
すみませんだきの漢字が少し分からなくてひらがなにしています
あ、だき
どうしたの?
あら可愛い
久しぶり散歩しよ
だき、童磨またね
童磨
行ってらしゃい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
こっからは、善逸とあなたの昔の話です
善逸!
善逸
あなた!
ねぇねぇ
ここの場所はね2人だけの秘密基地ね!
善逸
うん!
そこには、綺麗な川が流れていたとても神秘的だった
何日も、ここで遊んでいた









でも、
善逸
もう死にたいなぁ
善逸?
何してるの?
善逸
死のうと
ダメだよ!
辛いの?
聞いてあげる
善逸
あのね〜。
そっか
今は、幸せじぁなくても
いつか幸せになるよ
善逸
なんで?
いつか、分かるよ、きっと
ーーーーーーーーーーーー
善逸
うんそうだね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
こっからは、昔ではないです
あ、着いた
ッあれは