無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話
郡道瑞穂
はぁ…はぁ…
屋上まで駆け上がってきた
誰もいない静かな空間
郡道瑞穂
(二度と会いたくなんてなかったのに)
郡道瑞穂
(何平気な顔して楽しんでるんだよ)
郡道瑞穂
(…っ)
キーンコーンカーンコーン
郡道瑞穂
郡道瑞穂
(いくか)
ダッダッダッ
郡道瑞穂
(とりあえず切り替え…なきゃ…)
ガラガラガラ
桐山祐樹(きりやん)
あれ?どこ行ってたん?
郡道瑞穂
ちょっとその辺散歩してた
桐山祐樹(きりやん)
あねw
郡道瑞穂
あ、あと…
郡道瑞穂
あのさ…っごめん今日放課後行けない…
桐山祐樹(きりやん)
あ、おけ、伝えとく、、
郡道瑞穂
ん、ごめん…
桐山祐樹(きりやん)
気にすんな!
郡道瑞穂
(あぁ、申し訳ないな)
郡道瑞穂
(やっぱり変われないのかな…)
午後の授業中ずっと考えていた





やっぱり過去のことは消えないんだって







あいつにとっては自分は最低な後輩だから







でも、それは事実ではない





言いがかりなんだ





放課後
郡道瑞穂
じゃ、ごめん、やん
桐山祐樹(きりやん)
いいって!2年には言っとくし!
郡道瑞穂
あんがと
ガラガラガラ
生徒会側に行きます
桐山祐樹(きりやん)
あ、梓〜ぶるーく〜
一ノ瀬梓
やっほ〜
赤井宏ブルーク(Broooock)
おぉ!!
一ノ瀬梓
あれ?瑞穂は?
桐山祐樹(きりやん)
あ〜、なんか帰るって言ってた
一ノ瀬梓
あ…そっか…
桐山祐樹(きりやん)
んでも、なんかありそうだったんだよな
一ノ瀬梓
まぁ瑞穂もともと生徒会入りたくないって言ってたからな、
赤井宏ブルーク(Broooock)
そうなの?
桐山祐樹(きりやん)
うん、なんか言ってた…
一ノ瀬梓
とりあえず生徒会室行こうよ!
桐山祐樹(きりやん)
そうだよね!
赤井宏ブルーク(Broooock)
うん〜




生徒会室





中村隼人(Nakamu)
今日ぶるーく達が1年連れてくるんでしょ?
中村隼人(Nakamu)
楽しみ!
五十嵐射卦(シャークん)
ははwはしゃぐなよ?
浦田金時(きんとき)
……
小笠原須磨(スマイル)
(…きんとき……)
五十嵐射卦(シャークん)
二人ともどうしたん?
小笠原須磨(スマイル)
え、あ、いや、別に…
中村隼人(Nakamu)
ならいいけど?
浦田金時(きんとき)
………
ガチャン
赤井宏ブルーク(Broooock)
いやっほ〜
中村隼人(Nakamu)
いらっしゃい!
一ノ瀬梓
お邪魔します!
五十嵐射卦(シャークん)
あれ?もう一人は?
桐山祐樹(きりやん)
ごめん、今日来れないって
中村隼人(Nakamu)
全然いいよ!
小笠原須磨(スマイル)
ん、で君が一ノ瀬さん?
一ノ瀬梓
あ、はい
中村隼人(Nakamu)
そんな堅苦しくなくていいよ!
一ノ瀬梓
あ、おけっす
桐山祐樹(きりやん)
でさ、瑞穂のことなんだけど、
桐山祐樹(きりやん)
生徒会入りたくないって
中村隼人(Nakamu)
あ、そっか…
五十嵐射卦(シャークん)
じゃぁ、もう1人探すか!
中村隼人(Nakamu)
そうだね!
桐山祐樹(きりやん)
うん…
浦田金時(きんとき)
………
小笠原須磨(スマイル)
、あのさ…
五十嵐射卦(シャークん)
ん?
小笠原須磨(スマイル)
ッ、おいきんとき言えよ!
小笠原須磨(スマイル)
なんかあったんだろ?
中村隼人(Nakamu)
え?
一ノ瀬梓
え?
浦田金時(きんとき)
………
小笠原須磨(スマイル)
おい!きんとき!
浦田金時(きんとき)
っ…
桐山祐樹(きりやん)
なんか知ってるなら話して!
浦田金時(きんとき)
…ごめん…俺生徒会辞める…
五十嵐射卦(シャークん)
…は?
中村隼人(Nakamu)
え?
浦田金時(きんとき)
ほんとごめん
小笠原須磨(スマイル)
おい、きんとk
ガチャン
小笠原須磨(スマイル)
は?おい…!
ガシッ
中村隼人(Nakamu)
追わないで…
小笠原須磨(スマイル)
…ごめん……
桐山祐樹(きりやん)
スマイルなんか知ってるんだったら話してよ
小笠原須磨(スマイル)
……
小笠原須磨(スマイル)
今日、昼休にきんときと読書室行ったんだけど…
小笠原須磨(スマイル)
そこでたまたま郡道さんにあったんだ…
小笠原須磨(スマイル)
それで郡道さん、きんとき見た瞬間走って出て行ったんだけど
小笠原須磨(スマイル)
…そこからきんときが黙るようになったんっだよ…
中村隼人(Nakamu)
………






同時刻きんとき視点




浦田金時(きんとき)
はぁ…はぁ…
浦田金時(きんとき)
(ッよかった居た…)
浦田金時(きんとき)
み…瑞穂!
郡道瑞穂
………
屋上にいます




浦田金時(きんとき)
……ッ瑞穂!
クルッ
郡道瑞穂
……なんですか?
浦田金時(きんとき)
ご…ごめん…
郡道瑞穂
何がですか?
浦田金時(きんとき)
t…中学の時…俺…
郡道瑞穂
なんだ、覚えてたんですか
浦田金時(きんとき)
………
郡道瑞穂
凄く楽しそうにしていらしたのでてっきりお忘れになっていたのかと
浦田金時(きんとき)
わ…忘れてなんか…ない…
郡道瑞穂
それじゃあ、なんなんですか?
郡道瑞穂
1人の後輩を転校させ
郡道瑞穂
萌葉先輩を信じた…
浦田金時(きんとき)
そ…それは…!!
郡道瑞穂
別にいいですよ
郡道瑞穂
私は周りから見れば悪役なのですから
郡道瑞穂
私がとる行動は中学の時と変わってはいません
郡道瑞穂
もうこの学校にはきませんよ
浦田金時(きんとき)
t…ちょ…!
郡道瑞穂
みんなの望み通りにするだけですし
郡道瑞穂
別にいいじゃないですか?
浦田金時(きんとき)
ちが…俺は!
郡道瑞穂
それでは今度こそもう会うことはないでしょう
郡道瑞穂
さよなら、浦田先輩






ガチャン





















浦田金時(きんとき)
ッ…郡道会計………
浦田金時(きんとき)
(俺はもう全てを知っているのに…)
浦田金時(きんとき)
(なんで謝れないんだろう…)














足が動かない………