無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

迷子の孤爪さん
『研磨~!』


黒『あいつどこいったんだよ…』




遡ること30分前・・・



『みんな迷子ならならいようにね』


夜『ちゃんと着いて歩けよ~』


『ってあれ?研磨は?』


黒『え?』


海『早速迷子かな』


『まじかよ~』


黒『探しに行ってくる』

黒『他の奴らも迷子になるなよ~』


夜『後は任せとけ』


黒『ありがとやっくん』


『私も行く』


夜『なんでだ?』


『黒尾だけだったら危ないから』


黒『心配してくれてんの?』


『全く』

『黒尾も一緒に迷子になるのがオチだから』


夜『確かにな』


黒『酷くね』


『じゃあ行ってくる』


夜『おぉ〜』







・・・ということがありまして


現在に至る



『全く見つからん…』


黒『だな』


少年『プリン頭がゲームしててビビったわ』


『もしかして…』


黒『もしかするとな』


黒『行くか』


『うん』




『研磨~』


黒『あれって』


『研磨だ』


『なんかちっちゃい子といない?』


黒『いや朝海よりはでかい』


『ボコッ』


黒『イッタッッ』

黒『無言で回し蹴りすんなッて!!!』


『なんの事かな~』

『研磨~!』


孤『あや、クロ』

孤『またね』


『さっきの誰?』


孤『烏野高校1年 MB 日向翔陽』


黒『研磨から話すなんて珍しいな』


孤『あっちから勝手に言い出しただけ』


『それでも珍しい』

『はやくみんなと合流しよ~』


黒『そうだな』









10分後


『あれ皆じゃない?』


孤『そうだね…』


夜『おッ!!あなた~!!!』


『夜久~!!!』


夜『おかえり~』

夜『お疲れ様ニコ』


『ドキッ』

『ただいまニコ』


黒『俺のことは無視…?』


海『お疲れ』


黒『海…優しい…』


山『研磨今度こそ迷子なんなよ』


犬・芝『研磨さん!!大丈夫でしたか!??』


孤『うん』


黒『ほら謝る』


孤『心配かけてすみませんでしたペコリ』


夜『次からちゃんと前向いて歩けよ~』


海『歩きスマホはやめようね』


孤『わかった』


『無事一件落着?』


夜『だな』


(さっきなんで夜久にドキッってしたんだろ…?)

(前から度々あって怖いな…)











------------------------------


お久しぶりです☁

作者です︎︎🐻

次からはオリジナルというか

原作にそってるけど

ちょっと違うみたいなのが始まりますが

セリフ間違ってても気にせず

読んでください!

投稿は遅くなりますが気長に待ってください!

それでは

ばちゃ~