無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

333
2021/10/22

第4話

鬼の私と鬼殺隊の君
あなたが意識を失って3週間。あるの夜、
やっと目を覚ました







あなた
ん‥‥あれ‥‥ここ‥‥
時透無一郎
‥‥おはよう
あなた
‥‥ずっと‥そばにいてくれたんですね‥
時透無一郎
‥うん
あなた
‥‥はっ‥‥
その時、何かを思い出したかのように
はっ、とした顔をした
時透無一郎
‥‥大丈夫、此処は前に話した蝶屋敷
だよ‥胡蝶さんや他の柱にも、お館様にもあなたの事は話した
時透無一郎
あなたを生かす事、蝶屋敷にいる事
全て、許可は出てる。
あなた
そ、そうなんですね‥‥
時透無一郎
‥‥あなたはさ、僕の事も‥兄さんの事も
思い出したの?
あなた
‥‥はい‥この前思い出しました
時透無一郎
ふーん‥‥
時透無一郎
ねぇ、動ける?
あなた
は、はいっ
時透無一郎
‥‥ついてきて
時透無一郎
‥炭治郎ー‥胡蝶さーん‥
竈門炭治郎
あなた!無事だったんだな!
あなた
炭治郎くんも無事だったんですね(ニコッ
時透無一郎
‥‥。
胡蝶しのぶ
回復したんですね、鬼の血が少ないのも
あり、回復が遅かったので心配しました
あなた
‥あ‥えと‥‥
胡蝶しのぶ
ふふ、大丈夫ですよ、私は胡蝶しのぶと
申します、誰も、貴女を殺したりなんて
しません(ニコッ
時透無一郎
‥‥階級が下の人達は知らないけどね‥
あなた
あ‥あの‥ありがとうございます‥
胡蝶しのぶ
ふふ、どういたしまして(ニコッ
胡蝶しのぶ
呼吸を始めて使った事、血鬼術を使った
ばかりだと言う事、鬼の血を引いている
ので外傷は少ないですが、それ以外は
なんとも言えませんので‥
あなた
‥‥鬼なので、3週間も寝てたら回復
しました。ありがとうございます
時透無一郎
‥‥‥
時透無一郎
‥ねぇ、あなた。一緒に出掛けよう
あなた
‥‥え?
時透無一郎
‥せっかく再開したんだし?
甘露寺蜜璃
しのぶちゃーん‥って、まぁ!なんて
可愛い女の子なの〜!
栗花落カナヲ
‥‥良かった‥‥無事だったんだね‥


‥なんかたくさん集まってきた‥


不死川玄弥
‥‥なんで‥俺も‥(カァァ‥
竈門禰󠄀豆子
むぅ‥むっ?
甘露寺蜜璃
‥あら?無一郎くん、もうしかして
嫉妬してるのかしら?‥そんな無一郎
くんも可愛いわ〜!
あなた
あ、え‥と‥‥
時透無一郎
‥‥ほら‥早く出掛けるよ
あなた
は、早いよ!
時透無一郎
あなたが遅いんだよ‥

























*****

























あなた
はぁ‥‥はぁ‥‥あの‥真っ暗‥
だけど‥‥
時透無一郎
‥‥もう少し待って、花火、あがる
予定だから
あなた
‥‥‥無一郎‥もうしかして泣いてる?
時透無一郎
‥顔‥見えないのに‥?
あなた
‥鬼になったら目、もっと良くなった
から‥‥
時透無一郎
‥‥そっか‥昔の事、思い出したの‥?
あなた
うん‥
時透無一郎
‥‥そっか‥
あなた
‥‥。
時透無一郎
‥‥。


















少し‥沈黙が流れた






















時透無一郎
ねぇ‥
あなた
ねぇ
時透無一郎
‥何?
あなた
何?


‥‥ハモった。一言一句










あなた
‥‥そ‥その‥‥無一郎はさ‥
時透無一郎
‥‥あなた。
あなた
‥ん?なぁに?
時透無一郎
‥‥僕は‥





        ヒュ〜‥ドーーンッあなたの事が好き







‥‥花火、空気読んでくれないかな?


















‥かき消された‥‥?





あなた
‥‥あ‥‥その‥‥えと‥‥



‥あ、これ聞こえてる‥












多分‥微かに聞こえたのかな‥‥









時透無一郎
‥‥花火だ‥
あなた
初恋‥‥
時透無一郎
ん?
あなた
な、なんでもない




そのあとはずっと、花火の事しか
見てなかった‥

































*****

























〜帰り道〜















あなた
‥‥ねぇ、無一郎‥
時透無一郎
ん?何?
あなた
私は鬼って言う事‥わかってる?
時透無一郎
‥‥あぁ、告白の事?
あなた
‥‥うん‥
時透無一郎
‥‥昔
あなた
え?
時透無一郎
昔にさ、あなたに好きって言われてさ、
僕も好きだから、もし次に会えたら、
自分から言おうって思ってて
時透無一郎
その日が、丁度今日だった
あなた
‥‥え‥‥。
時透無一郎
鬼がどうとか関係ない。僕はあなたが
好きだよ
あなた
‥‥分かった‥私も‥好き‥かもしれない‥
時透無一郎
‥かも、って何‥‥


2日後、僕とあなたは恋人‥ぽくなった
実際あまりよくわからないけど‥‥






























‥‥‥それでも良いや‥‥
























ただ‥あなたが側で笑ってくれていれば‥
































それでいい‥‥




































































‥‥‥‥‥の、かもしれない。