第18話

18.可愛い親友再び
710
2019/02/20 00:21
あの日まんずはただ黙って、
私の気持ちを聞いてくれた。




カンタさんのこと好きになっちゃったこと。



でも冷たくされて落ち込んでること。


好きなのがバレて、
振られたかもしれないってこと。


まんずにされたことは、
別に嫌とかじゃなかったってことも

だけど……


まんずの気持ちには答えれないってこと。





まんずはやっぱりまんずで、


私の中では可愛くて、
時にかっこいい親友で、

やっぱり変わらないこと。





まんずは分かってたよって、
私を抱きしめてきた。


これからはもっともっと、

私のたった一人の良き理解者で
良き親友で

ある意味大切な人になった。








まんず
まんず
あなた!お昼行こ!
あなた

うん!今日はお外食べに行こ~



今日は午後の授業がなく、
お昼前で帰ることになった。



たまにはカフェとか行きたいなぁ


まんず
まんず
ん、どこ行きたい?
あなた

あの噂のカフェ!まんずは?行きたいとこないの?

まんず
まんず
んー、あなたが行きたいとこが、俺の行きたいとこ~


そう言っていつもの可愛いまんずになる。


こーゆうとこ。ほんと可愛い。←







カフェに着いた私達は、
お互い好きなものを頼み

満喫していた。



まんず
まんず
…あなたさ、そろそろみんなに会いにこない?

いきなりの質問で、
コーヒーを飲む手が止まる。

あなた

まんずの家に行くってこと?

まんず
まんず
うん。みんな会いたがってた。


嬉しいけど……

カンタさんに会いにくい…




もう何日も会ってないのに…



あなた

で、でも…

まんず
まんず
あなたは会いたくないの?
あなた

そ、そーいうわけじゃ…


悩んでいると、
まんずがくすっと笑った。

まんず
まんず
俺に任せて。ね?今日せっかく早く終わったんだし、みんなで遊ぼーよ


まんずの可愛い笑顔に負け、

言われるまままんずの家に向かうことにした。


プリ小説オーディオドラマ