無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

MAKOTO.HASEGAWA
RAMPAGEの紅一点あなたでーす!
あのね、うちの彼氏が冷たいのよ‪!
You
You
ま〜こっちゃん!
長谷川慎
長谷川慎
・・・
ほらね?!
You
You
慎!
長谷川慎
長谷川慎
・・・なに?
これでも彼氏か!?ってゆうぐらいやろ!
そんなに冷たいのってうちの事嫌いなんかな・・・
You
You
まこっちゃんってうちの事嫌いなん?
長谷川慎
長谷川慎
え・・・
You
You
ホントのこと言うてよ
長谷川慎
長谷川慎
・・・好きだから
You
You
ほんまなん?
長谷川慎
長谷川慎
なんかどうやって接してええか分からんくなってん
You
You
そう・・・なんや
長谷川慎
長谷川慎
ごめん冷たくして
慎はあなたを抱きしめた
長谷川慎
長谷川慎
俺あなたが好きだから、大好きだから
You
You
/////ありがと(*^^*)
長谷川慎
長谷川慎
ちょ/////
You
You
え、なにどした??
長谷川慎
長谷川慎
その顔反則じゃん///
You
You
どの顔??
陣(((あの〜ここ楽屋です
壱馬(((俺らは何を見せつけられてんの
やましょ(((やるならほかの場所に〜
北人(((俺もあなたと付き合いたかった〜!
樹(((いいなぁまこっちゃん
長谷川慎
長谷川慎
すみません( *´ ∀ `)
RIKU(((顔がさ‪w‪w‪w
You
You
あらま(////∧////)
昂秀(((いや、あなたも照れすぎ
この後メンバーにいじられまくった慎とあなたそれと、
慎は自分の気持ちを素直に伝えるようになりました。






マロンさんリクエストありがとうございます(*^^*)
上手くできていたでしょうか?‪
上手く出来ていたら嬉しいです!