無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

NAKATUKA.YUTA
私があなたと会ったのはあなたが私を助けてくれた時
ほんとに辛かったあの頃を助けてくれた
裕太くん、また会いたい
今裕太くんは芸能人
そして、大好きなダンスの仕事をしている
また会いたい
You
You
GENEのLIVEチケット?!
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
ね?すごくない?
You
You
ほんとやな‪w
この話から一週間後、とうとう来てしまった
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
💭実はバクステ当てっちゃったんだよね‪w
あなたが早く裕太くんと会えたらいいな‪w
You
You
どうしたニヤニヤして‪w
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
別に〜‪w
やっと裕太くんのダンスを見れる
これが最後かもしれないね
ん?
You
You
は!?
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
なに??
You
You
なんでさ、最前列!
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
うち元々会員入ってるから‪w
You
You
まじかよ‪
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
さ、始まるよ!
You
You
うん、
ほら、かっこいい
好きが溢れてく
あ、
You
You
目あった
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
よかったじゃん
なんで私のまえで踊ってんねん!
そしてLIVEは終わった
You
You
愛月ありがとう(*^^*)
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
あのさ、実は来て欲しいんだけど
You
You
どこいくの?
何故かバクステの会場に向かう、愛月
待って、絶対当たったやん!
You
You
ちょちょ無理無理
スタッフ「次の方どうぞ〜」
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
行くよ!
You
You
無理やって
中務裕太
中務裕太
あ、あなた
You
You
・・・裕太くん
GENE「え、知り合い?」
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
まぁそんなとこです‪w
亜嵐「とりあえず写真撮ろっか‪w」
メンディー「お友達さんは誰推し??」
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
あ、私るなって言います!
推しは龍友くんです//
龍友「ほんま!?ありがとうるなちゃん」
川口愛月(るな)
川口愛月(るな)
いえいえ////
スタッフ「写真取りますよ〜」
おいるな、なんでお前そっち行くんだよォォ!
うち1人じゃん、しかも隣は
中務裕太
中務裕太
後でここに戻ってきてなコソコソ
You
You
え、分かったコソコソ
なんで?
嬉しいけどあなた芸能人よ?
そして写真を撮り終わり、GENEの皆さんがスタッフに説明し、楽屋に入った
You
You
あの、入っちゃ行けないですよね?
涼太「裕太くんが何か言いたげそうだからね‪w」
裕太くんを見ると、顔をあっちに向いてこっちを見てなかったから
You
You
何見てるの?、
中務裕太
中務裕太
え、あ、やなんでもないで‪w
You
You
そうか‪w
楽屋に着き、私と裕太くんだけが残された
中務裕太
中務裕太
あれから大丈夫やったか?
You
You
うん
中務裕太
中務裕太
ごめんな。あの時俺が東京行くとか言わんかったら良かったのに
You
You
でも、行ったおかげでGENEになったんでしょ?じゃあ良かったじゃん‪w
中務裕太
中務裕太
俺はなGENEも大事やけどなお前も大事やねん
You
You
え?
中務裕太
中務裕太
俺はあの時から、あなたに初めてあった時から大好きやってん
You
You
(˘•̥ω•̥˘)
中務裕太
中務裕太
1回あなたを捨てた俺やけど、付き合ってくれますか?
You
You
・・・はい!泣
GENEと愛月「おめでとう!裕太くん!あなた/ちゃん!」
龍友「俺からも報告があります‪w」
愛月「なんと私、数原龍友とお付き合いさせて頂きます!」
You
You
そうなんやって、えぇぇ!
そんなこともあった日から、10年が立っていた
私には4人の子供がいる
毎日大変‪w
だけど、この人がいるならどんなに難しい仕事でも頑張れるようならが大好き
あ、帰ってきた!
You
You
おかえり(*^^*)
子供「おかえりぃーパパ〜」
中務裕太
中務裕太
ただいま(*'▽'*)