無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

HAYATO.KOMORI
彼女との出会いは、こんなに寒い冬だった






今日はメンバー会議で上手くいかずイライラしていた。
小森隼
小森隼
(´д`)はぁなんで上手くいかねぇんだよ
その時だ、君と出会ったのは
You
You
あ、あの大丈夫ですか?
小森隼
小森隼
え、
You
You
これ良かったら使ってください(*^^*)
ハンカチ?なんで
頬をさわってみたら・・・・・・濡れていた
小森隼
小森隼
あ、ありがとうございます。
You
You
別に返さなくてもいいので、それじゃ・・・
小森隼
小森隼
あ、あの!
You
You
?はい
小森隼
小森隼
これ僕のLINEのIDです!
借りたままだと僕が嫌ですか‪ら笑
You
You
そうですか‪w
You
You
家帰ったらLINEしてもいいですか?
小森隼
小森隼
全然いいですよ!
You
You
また後で‪w
小森隼
小森隼
じゃあ‪w
これが君との出会い
その後、1週間にほぼ会うような仲になっていた。
それから1年俺らは付き合った
まさか、玲於の従姉妹だとは思わなかったけど‪w
毎日楽しかったのに
あんなことがことが起こらなかったら
君と結婚して、幸せな家庭を築けていたはずなのに
俺がもっと早くあなたの傍に行けば良かった
小森隼
小森隼
また会いたいよ
俺が仕事に行かずに君と居れば
君が殺されることは無かったの…
小森隼
小森隼
なんで泣
小森隼
小森隼
なんでだよ!!!!泣
玲於「隼!」
小森隼
小森隼
あなたに会いたいよ…泣
玲於「お前が悪いんじゃねぇだろ、それにお前がそんなんだったらあなたが心配するだろ」
小森隼
小森隼
玲於……泣
玲於「隼が元気にダンス踊ってたらあなただって喜ぶからな」
小森隼
小森隼
うん…
玲於「さ、あなたに会いに行こうかな」
小森隼
小森隼
俺も!
玲於「早く行こうぜ」
小森隼
小森隼
うん😊
あなた俺が死ぬまで待っといてくれよ
絶対に会いに行くから
愛してるよ