無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

こんな感じの生活を送ってた
どーもモトキです
ダーマと付き合い始めました
俺も好きだったけど向こうも好きでビビったw
てか向こうから告ってきた
モトキ
ダーマー
ダーマ
んん?
モトキ
料理手伝って
ダーマ
いいよ
どーもダーマです
俺からモトキに告りました
けどあいつ…
俺に好きと言われたことありません
俺しか言ったことないからいつか言わせたい
ダーマ
チュ
モトキ
なーんーだーよw
モトキ
チュ
ダーマ
お、おまっ///
モトキ
ふふっwどーしたのw
ダーマ
キス返しなんてビビったじゃねーかよ///
モトキ
ふふふっww
と言ってくれないので
今日から言わせるまでこういうのやめません