無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

67
2021/10/11

第15話

『 14 』

あの人は、
渡辺先生
お前、まだ居たの?
みすず
みすず
はい!だって先生が頼んできたんじゃないですかぁー!
渡辺先生
はぁ、もぉいいよ。あの、先生こいつよろしくお願いします
保健室の先生
保健室の先生
はい、わかりました。

渡辺先生と何してたんだろ
渡辺先生
じゃ、安静にしてろよ?
あなた
あ、はい。ありがとうございます。
みすず
みすず
えぇー、先生もぉ帰るのぉー?
渡辺先生
次の授業の準備があるからね。


ガラガラガラ🚪

渡辺先生は保健室を出た。
みすず
みすず
あぁーあ。私も帰ろっと


ガラガラガラ🚪

なんだったんだろ、







その後、手当してもらって教室に戻った。
ふっか
うわぁ、なんか痛そうだな。大丈夫?!
あなた
歩くと少しジンジンするけど少しの痛みだから大丈夫
お前、ほんとどんくさいから怖いんだよなぁ
あなた
ごめん、でも、蓮。今日はありがとう!めっちゃ助かった!
遅いから見に行っただけだけどね。








放課後、
ふっか
あなた〜、今日俺ら一緒に帰れないんだよね
あなた
へ?なんで?
俺は部活。
ふっか
俺は部活の付き添い。
あなた
付き添いって笑 わかった笑 じゃあまたね




階段を降りる


階段ってこんなに長かったっけ!

イタッ(°д०॥)✷✸



今なんかめっちゃ痛かったんだけど、





階段で立ち止まっていると
渡辺先生
何してんの?
あなた
あ、渡辺先生…。
渡辺先生
あ、足大丈夫?手伝うよ
あなた
え、あ、ありがとうございますっ

先生は私の肩を引き寄せ、支えながら降りてくれた。



心臓の音が先生に聞こえちゃうよ、


渡辺先生
よし、帰りも気をつけろよ?
あなた
あ、はい!ありがとうございました!

歩きながらゆっくりゆっくり帰った。

蓮とふっかは運動場に居た。



早く帰ろっと。



今日の渡辺先生。すごいかっこよかったなぁ。


でも、渡辺先生は私のことなんとも思ってないみたいだし。



そりゃぁそうだよね。だって、生徒と先生だもん。


先生だって、その立場を知って対応してくれるんだから。


諦めるしかないのかな、



ねくすと❣️