無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

72
2021/09/21

第9話

『 8 』

気がつくと、午後6時を回っていた




ピピピピピピ
あなた
うわぁ〜、疲れたぁ〜!!

私は、ストップオッチとともに持っていたシャーペンを離した
渡辺先生
はい、おつかれさま

そう言うと、先生は教科書やノートを片付ける
あなた
ねぇ、先生?
渡辺先生
ん?なんか質問でもある?
あなた
うんん、そうじゃなくてさ
渡辺先生
なんだよ笑

先生は私の顔を見る

少し目が合うだけでドキドキしてしまう。
あなた
やっぱりなんでもないでーす!私、帰りますね

「 一緒に帰りたいです 」なんて言葉も言えなかった…

帰る支度をして、教室を出ようとした時、
渡辺先生
ちょっと待てよ
あなた
へっ?なんですか?
渡辺先生
もぉ、暗い

先生は窓を指さして真顔で言った
あなた
だから、早く帰りたいんですよ〜

先生は片付けを済ませて、「ちょっと待ってろ」そう言って教室を出た


てか、先生始めた会った時と全然キャラ違うじゃん!前、可愛かったなぁ

でも、今のキャラもめっちゃかっこいいから好きなんだけどね!
渡辺先生
おまたせ

荷物を持った先生、校門まで送ってくれるのかな…


校門まで、来た
あなた
じゃあ、先生また明日学校で
渡辺先生
何言ってんの?送るよ、家まで


へっ?家まで!!嬉しいけど
あなた
えっ、あっ、いいんですか?先生、逆方向ですよね?
渡辺先生
大丈夫、俺こう見えて大人だよ?笑
あなた
確かに、笑 そうですね笑

私は、渡辺先生の車で送って貰うことになった。

本当はある気が良かったんだけどね?/////









ねくすと❣️