第6話

さようならの涙(注意死ネタがあります)
11月2日
病院から電話がかかってきた…
その電話は私たちにとっては
最悪な電話だった……
お母さん
お母さん
華奈!はやく起きて!
華奈(かな)
華奈(かな)
……なに…?
お母さん
お母さん
いいから、はやく車に乗って!
お母さん
お母さん
希!総!!!!
はやく!!!
華奈(かな)
華奈(かな)
わ、わかった
この時、私は何もわからなかった
お母さん
お母さん
お父さんとお爺ちゃんは先に行ってるから
総兄ちゃん
総兄ちゃん
………クソッ…
希姉ちゃん
希姉ちゃん
……………
何故か総兄ちゃんと希姉ちゃんは泣いていた
病院につくとすぐさま病室に向かった
病室には、動かなくなった健人兄ちゃんと
泣いているお父さんとお爺ちゃんがいた
華奈(かな)
華奈(かな)
……え
華奈(かな)
華奈(かな)
健人兄ちゃん……?
華奈(かな)
華奈(かな)
ねぇ、健人兄ちゃん……
華奈(かな)
華奈(かな)
健人兄ちゃんってば…
華奈(かな)
華奈(かな)
元気になるって約束……
医者
医者
…………
華奈(かな)
華奈(かな)
ねぇ、健人兄ちゃんってば……
華奈(かな)
華奈(かな)
返事してよ…… 
いつもみたいにお話しようよ…
この日、私はひたすら
健人兄ちゃんに声をかけ続けた
だけど、返事が返ってくることはなかった…
お爺ちゃん
お爺ちゃん
……華奈
お前のせいだ…
華奈(かな)
華奈(かな)
え……?
お爺ちゃん
お爺ちゃん
お前が、健人の全てを奪ったんだ!
お前がいなければ、健人は普通に生きれたかもしれなかった……!!!!
華奈(かな)
華奈(かな)
そんな……
お爺ちゃん
お爺ちゃん
なんで産まれてきたんだ…
兄の全てを奪って何が嬉しいんだ!
言ってみろ…!!!!
華奈(かな)
華奈(かな)
ち、違う……私はそんなこと…
医者
医者
お爺さん、落ち着いてください…!!
お爺ちゃん
お爺ちゃん
なんだ!部外者の分際で!
華奈(かな)
華奈(かな)
違う……私はなにも…
私は泣いていた
お爺ちゃん
お爺ちゃん
泣けば許してくれるなんて思ってるのか
大間違いだからな!
お前が健人の全てを奪った…
わしはお前を許さない…!!!!
お爺ちゃん
お爺ちゃん
お前らも何か言ってやれ!
そうお爺ちゃんは
お母さんとお父さんに言った
するとお母さんは泣きながら言った
お母さん
お母さん
……お前のせいだ…
お前さえ産まれてこなければ…
健人は…
華奈(かな)
華奈(かな)
え………お母さん…?
お父さん
お父さん
……お前は、俺らの娘じゃない…!!!!
華奈(かな)
華奈(かな)
そんな………
希姉ちゃん
希姉ちゃん
私も、あんたを妹とは思わない…
華奈(かな)
華奈(かな)
お姉ちゃん……
総兄ちゃん
総兄ちゃん
俺は………俺は
医者
医者
落ち着いてください皆さん!!!!
医者
医者
お嬢ちゃん…大丈夫?
華奈(かな)
華奈(かな)
…………
私は無言で泣いていた
医者
医者
…とりあえず、今日はお帰りください……
お嬢ちゃんは、病院に泊まらせますから
お爺ちゃん
お爺ちゃん
そんなの許すわけないだろ!
医者
医者
健人くんは、1番この子のことを考え
思っていたように、僕は見えました……
なんなら、院長に言ってくれても構いません
総兄ちゃん
総兄ちゃん
みんな、帰るよ……
華奈、何かあったら
電話してこい…
総兄ちゃんはそう言い私に電話番号を書いた紙を渡してくれました
お爺ちゃん
お爺ちゃん
総!何言ってるんだ…!!!!
総兄ちゃん
総兄ちゃん
…いいから
この分は俺が結果で返す
それで文句ないだろ?
お母さん
お母さん
……わかった
帰りましょ…
そう言い私以外の家族は帰った
医者
医者
お嬢ちゃん……大丈夫?
華奈(かな)
華奈(かな)
……私は…
医者
医者
……ごめんね
僕が勝手にこんなこと決めちゃって
医者
医者
健人君ねずっとお嬢ちゃんのこと
話してたんだよ……
華奈(かな)
華奈(かな)
健人兄ちゃんが………?
医者
医者
うん、だから
お嬢ちゃん、いや、華奈ちゃんが
一緒に居てあげて?
多分、これはお医者さんからの気遣いだったのだろう……
そしてこの日、私は
帰らぬ人となった健人兄ちゃんに
ひたすら話しかけ続けた





--------キリトリ線--------
主
ここまで読んでくださりありがとうございました
主
私はこの日から
家族みんなから、他人だと言われ
扱われました……
主
たった1人の死が幸せを壊す…
華奈(かな)
華奈(かな)
ねぇ…未来の私
主
なーに?過去の私?
華奈(かな)
華奈(かな)
…健人兄ちゃんのいない世界は…楽しい?
主
……楽しくはないかな
主
フォローコメント 
その他諸々お待ちしております…
主
それでは