無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,657
2020/06/18

第27話

25
大吾side







本気なのかなんて聞かれても……



でもな、、、ここで本気だって言わんと絶対恭平狙いにいくしな ( (












『うん、本気やで。』



流星「え、本気なんや」



駿佑「じゃぁ、好きってことっすよね?」



謙杜「え!?好きなんですか?」



丈一郎「大吾~もう逃げられんで~笑」



和也「え、どんなん!?すきなん!?」



恭平「ニヤッ」












、、、これ絶対恭平の作戦通りに動いてるやん。←



いや、好き?



な訳ないやん。



だって、従わせるためにやってる訳やし……












『好きかどうかなんてわからんわ。ただ、あの女あなたを従わせるために落とすんやもん』



恭平「じゃぁ、俺が狙ってもいいんすよね?」



丈一郎「ちょっと待ってや笑 恭平は、黒川のことが好きなん?」



恭平「いや、あんな反抗してくる人始めてみて、登校してるときに始めてあったんすけど、一目惚れって言うか……」



駿佑「俺も狙ってます。」



流星「そんなこと言ったら宣言するしかなくなるやん。あなたのこと狙ってます」



謙杜「あの、、、実は僕も……惹かれてまして」←



和也「だいちゃん?年下組は全員宣言したで?」



丈一郎「とられてまうかもな笑



大吾「別に……



和也「ま、俺ら丈橋は全員応援してるから頑張りや~!」












ちょっと待って……



なんか壮絶なバトルがこれから始まる気がするんやけど



気のせいじゃないよな、



だってあの年下組やもん ( ( (



、、、あれ?



従わせるために落とせばいいって言ったの



たしか謙杜よな?



あ、自分が近づくために利用しようとしてたんや ( 言い方



とりあえず、負けるわけにはいかないんや ( いや、もう好きなんじゃん












next   ♡30





更 新 遅 く な っ て す み ま せ ん で し た 💦