無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

夏 ⑤
あの出来事から 何時間がたって  みんなゆったりしてきた頃



たぶん 7:30 ぐらい
あなた
あなた
ん~ お肉美味しかった
はじめ
はじめ
ほんとそれ
りく
りく
んね
あなた
あなた
もうすぐ花火だね(o´罒`o)
はじめ
はじめ
だね
はじめ
はじめ
何発 あるかな??
あなた
あなた
楽しみ(((o(*゚▽゚*)o)))


俺は こいつの 笑顔が好きだ。

いつまでも この笑顔を 見ていたい

だから こいつが 辛そうにしている姿は

見たくない。 そのために守る。

あの時 1秒でも早く 助けにいてれば。

あなたの体に傷をつけることなんて

なかったかもしれない、ごめんな。、
あなた
あなた
お兄?? 話聞いてる??
はじめ
はじめ
あ、うん ごめん笑
あなた
あなた
もー まったく w



そして 8:00
あなた
あなた
もうすぐ  もうすぐ
しるく
しるく
一緒に見よーぜ
あなた
あなた
うん!!
あなた
あなた
こことかいいんじゃない??
しるく
しるく
おっいいね。
しるく
しるく
そこにしよっか。
あなた
あなた
うんっ!!

私とシルクは よく見えそうな 所に座った

みんなからは ちょっと 離れてるけどね w、
あなた
あなた
実はさ シルク
あなた
あなた
私 シルクに嘘ついちゃった。、
しるく
しるく
ん?
あなた
あなた
殴られただけって言ってたじゃん??
あなた
あなた
あれ 嘘なんだ
しるく
しるく
どゆこと?
あなた
あなた
本当は、、、 (声が震える
しるく
しるく
大丈夫。 ゆっくりでいいよ
しるく
しるく
(あなたの背中を撫でる(?))
あなた
あなた
きす、、されたんだ。
しるく
しるく
っ?!
しるく
しるく
何回??
あなた
あなた
覚えてないけど 何回も、
あなた
あなた
(震える)
しるく
しるく
あなた。
あなた
あなた
(シルクの方を向く)
しるく
しるく
(KISS)
あなた
あなた
っ?!
あなた
あなた
ちょ、
しるく
しるく
ごめん、
あなた
あなた
……
しるく
しるく
本当にごめん。、
しるく
しるく
ちょっと俺 自動販売機でジュース買ってくる、
あなた
あなた
うん……
あなた
あなた
あ、花火だ。
あなた
あなた
シルクと一緒に見たかったな……(ボソッ
みっくん
みっくん
何一人で見てんだよ。
あなた
あなた
あ、みっくん!、
みっくん
みっくん
ったく あぶねーやつなんだから。
あなた
あなた
そんなに 危なくなしっ
みっくん
みっくん
よくゆーよ w
みっくん
みっくん
綺麗だな
あなた
あなた
うん。だね (o´罒`o)
あなた
あなた
毎年こうやって 皆で花火見れるといいね
みっくん
みっくん
うん














その頃
しるく
しるく
(ツリメとあなたが笑いあってる姿を見る)
しるく
しるく
やっぱ 俺じゃ あいつを幸せに出来ねぇな。、
しるく
しるく
いっその事 あきらめて……
まさい
まさい
シルクらしくねぇな
しるく
しるく
ビックリしたあ、
まさい
まさい
そういうお前の事あいつは嫌いだと思うぞ
しるく
しるく
もーとっくに嫌われてるよ
まさい
まさい
それは無いだろ
まさい
まさい
そんな 弱音吐くのはシルクらしくねぇよ
しるく
しるく
うるさいなぁ w、
まさい
まさい
とにかく 一緒に頑張ろうぜ
まさい
まさい
あなたは譲らねぇけど
しるく
しるく
こっちのセリフな
まさい
まさい
そうこなくちゃ w
まさい
まさい
みんなの所行って花火みよーぜ
しるく
しるく
おう








みっくん
みっくん
みんなの所行こーぜ
あなた
あなた
うんっ!!
りく
りく
やっと みんな 揃ったw
てお
てお
あなた~!!  隣でみよ!!
あなた
あなた
うんっ♡








この瞬間が ずっと続けばいいのに