無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

夜 : 💪
あなた
あなた
ちょシルク///
しるく
しるく
好きだ。
あなた
あなた
え?なに?/////
しるく
しるく
だからお前が好きだ。(強く抱きしめる)
あなた
あなた
しるく/////
あなた
あなた
私も大好きだよ?///
しるく
しるく
ちがう。俺は一人の女として。
しるく
しるく
お前が好きだ。
あなた
あなた
?!////
しるく
しるく
(ハグをやめてあなたを見つめる)

俺は ずっと 小さい頃から。

あなたを 見てきた。

あなたは優しくて、可愛くて、天然で、

好きって言ったら 困ると思ってずっと言わなかった。

でも もう無理だ。
あなた
あなた
(見つめ返す)
どんどん シルクの 顔が近づいてきて

柔らかい唇があなたの唇にふれた
あなた
あなた
?!////
2人の唇が離れる
あなた
あなた
しるく、私そう考えたことないよ…////
しるく
しるく
いいから。考えてみて。
しるく
しるく
んじゃあ みんなのとこ行こ。
あなた
あなた
うん/////
(リビングに行く)
しるく
しるく
お風呂かりていい?
はじめ
はじめ
おう。
あなた
あなた
(ソファーに座る)
りく
りく
おい笑 シルクさんと何してたの?
(隣に座る)
あなた
あなた
なんもないよ///
りく
りく
ふーん (ほっぺをつねる)
あなた
あなた
いたい いたい /////
まさい
まさい
ほらほら。
あなた
あなた
まさ兄(´;ω;`)♡
まさい
まさい
大丈夫か?(頭を撫でる)
あなた
あなた
うん‪( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )‬♡


ー 数分後 ー
しるく
しるく
風呂上がった。
はじめ
はじめ
あなた~ 先入ってて~
あなた
あなた
あ、うん!!
シルクと目が合う
あなた
あなた
/////
あなたがお風呂に入る
しるく
しるく
あー 気持ちよかった。
まさい
まさい
おいシルク。
しるく
しるく
あ?
まさい
まさい
あなたと何した?
しるく
しるく
別に なんもしてねぇよ笑
まさい
まさい
んじゃ あなたおかしいのなんでだよ
しるく
しるく
さぁな笑 俺に惚れたかもな。キスしたから。
まさい
まさい
?!?!
しるく
しるく
別に お前のあなたじゃないだろ。
まさい
まさい
っ、