無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

いつものいちにち
双子「しぇーの!」

「「いただきまーす!」」


いつも、朝は双子ちゃん達がご飯の挨拶をして、昼はのんちゃん、夜はお兄ちゃん組が挨拶。今までは、昼は大毅がやってたけど今日から年少さんになるんで、夜の挨拶係に変わりました!


















だいきさいど


赤「ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”」

橙「ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"」


いまな!あきとくんと、はやたべたいけつしてんねん!でもあきとくんふとっちょだからたべんのはやいねん!

橙「ごちそーさまでした!だいきのまけ!」

赤「ゴックン( ‘ч’ )ゴックン」

橙「おっそいやんかー!」

赤「ごちそーさまでした!」


きょうもまけた!もういやや!あっ、でもなんかわすれてるいやなことがあるような気するし…なんやろ?

『大毅!何ぼーっとしてんの笑幼稚園行くんやからはよ準備し、』

あっーーー!おれようちえんいくんやったー!いやや!ままとはなれたない!

赤「ようちえんいきたない!」

『お友達たくさんできるから!もうお兄ちゃんやろ!』

赤「おにいちゃんでもいややー!」

緑「ともおうえんちてるよだいきおにーちゃん!」

青「りゅーも!」

桃「あー!」

赤「おれようちえんいく!」

『じゃあ準備しよか』

赤「おん!」




















あなたside


今ちっちゃい子達を着替えさせています…

緑「やーや!ぐえーのぱーかーともきちゃい!」

『流くんと同じ黒のパーカーじゃダメ?今洗ってるの』

青「りゅーあおがいい!」

緑「とも、みどいー!」

桃「ぴくー!」

『えー…出すの大変』

青「おねがいしましゅ!」

緑「ましゅ!」

桃「うーーー!」

『はいはい。いいよー』



双子「あんがと!」

桃「あーと!」


はぁ一苦労…