無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

熱という名の病気《3》
深澤辰哉side
深澤辰哉
深澤辰哉
ん……
あれ?俺ベッドにいたっけ……

あ、冷えピタ…
 深澤隆哉
深澤隆哉
食欲は?
深澤辰哉
深澤辰哉
へぇ?隆哉、仕事って……
 深澤隆哉
深澤隆哉
終わったから来てみたら案の定倒れてるから…どうせ薬とか、冷えピタとかなかったんだろ?
深澤辰哉
深澤辰哉
だから、買ってきてくれたの?
 深澤隆哉
深澤隆哉
たまたまな!たまたま!俺も欲しかったし…
深澤辰哉
深澤辰哉
ありがとう
 深澤隆哉
深澤隆哉
あぁーもー!食欲は?
昔から、素直に感謝されると照れるところ治らないな

まぁ、そこが可愛いんだけど
深澤辰哉
深澤辰哉
何作ってくれたの?
 深澤隆哉
深澤隆哉
お粥だけど、いらねぇーならいい
深澤辰哉
深澤辰哉
欲しい!
 深澤隆哉
深澤隆哉
ん、わかった。
食べたら、薬飲んで寝ろよ
深澤辰哉
深澤辰哉
わかった、泊まってくだろ?
お風呂沸かすわ
 深澤隆哉
深澤隆哉
はぁ?何言ってんの
そ、そっか……
俺の事嫌いだから嫌か……
 深澤隆哉
深澤隆哉
病人が働くな!
あと俺、明日の用意とかあるから、家帰るし……まぁ、安心しろお、お兄ちゃんが寝るまでってか終電ねぇーから、朝までいるし
深澤辰哉
深澤辰哉
へぇ?
 深澤隆哉
深澤隆哉
いいから!早く食べろよ!
深澤辰哉
深澤辰哉
うん!!
おいしぃー!!
 深澤隆哉
深澤隆哉
ん、寝ろよ
食べ終わって薬も飲んで横になってると疲れてるせいかいつの間にか寝てて朝起きたら5時になってた

流石にいるかな?って思って見てみたら

机の上に鍋と薬と手紙があって
ーーーーーーーーーー
仕事があるので先に出ました。
寝るためにソファー借りたから。
一応お粥置いとくな、
食べて薬飲めよ!後ちゃんと体温測ること!熱があったら仕事休めよ!
微熱でもな!!

それと、もし仕事いくならメンバーに昨日熱あったって伝えること!
俺が来た時みたいに倒れたらメンバー驚くし、その時は俺行かねぇーからな!

看病の事、弟の話は出していいけど名前はだすなよ!阿部くんにバレたら気まずくなるから!


体調管理しっかりしろよ
ーーーーーーーーーー
深澤辰哉
深澤辰哉
隆哉らしい、綺麗な字
お粥たべて、薬飲んで、体温測って

よし!
深澤辰哉
深澤辰哉
行ってきます!