プリ小説

第9話

初めて🔞
陽菜
陽菜
やっぱり広い…
そう考えてると…


ドンッ
陽菜
陽菜
きゃっ‼︎
いきなりグクが私をベッドに押し倒した
陽菜
陽菜
ちょっとグク///
顔が近い…今のグクは私の上に馬乗り状態
グク
グク
ごめん陽菜…可愛すぎてもう理性が保たない
陽菜
陽菜
えっ…グク…うっうぅはぁ///あっはぁうぅ///
いきなり深いキスをしてきた
グク
グク
陽菜…可愛い///
陽菜
陽菜
いきなり何を…///
グク
グク
言ってなかったね…今日から1日1回誰かとエッチしないといけないから
陽菜
陽菜
えっ⁉︎そんな事聞いてない!
グク
グク
だって皆んな陽菜に夢中だからね…陽菜はいや?
陽菜
陽菜
いやではないけど…恥ずかしい///
グク
グク
大丈夫だよ陽菜…もっと気持ちよくするからね
するとグクは私のブラを外して胸を触り始めた
陽菜
陽菜
うっあっグク…だめ…///はぁ舐めないで…あっ///
グク
グク
駄目とか言いながら凄く感じてるね
陽菜
陽菜
そんな事は…///
すると…グクの手は下の方にいって…あそこを触り始めた
グチュグチュ…
陽菜
陽菜
あっうぅだ…め…あっそこは…///
グク
グク
凄く濡れてるね
陽菜
陽菜
言わないで…あっうぅはぁはぁうっ///
そしてグクは指を3本に増やした
陽菜
陽菜
あっだ…め…早く…はぁあっしないで…
グク
グク
逝っていいよ
陽菜
陽菜
あっ駄目…逝く…あっぁぁぁぁ‼︎
グク
グク
可愛い陽菜…気持ちよかった?
陽菜
陽菜
う…ん…はぁはぁ///
グク
グク
でもまだ気持ちよくするよ…挿れていい?
陽菜
陽菜
うん…///
そして…
陽菜
陽菜
あっぁぁい…たい…うっうぅ
グク
グク
ごめん痛いよね…でもすぐ気持ちよくするから
そしてグクは奥までやってきた…
陽菜
陽菜
あっぁぁだ…め…奥は…はぁはぁもう…逝く…///
グク
グク
逝きなよ
陽菜
陽菜
あっぁぁぁぁ///‼︎
陽菜
陽菜
はぁはぁはぁ///
グク
グク
どうだった?
陽菜
陽菜
気持ち良かった…はぁはぁ///

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hina٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
Hina٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
BTS大好きです!!グクペン寄りのallです!BTSアミシテル〜♡