無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32
〜グクside〜
ホソク
ホソク
なぁジョングガ…俺今までちゃんとグガのヒョン出来てたかな?
グク
グク
もちろん!ホソギヒョンはずっと俺のヒョンでしたよ!
ホソク
ホソク
…あなたちゃん絶対悲しませちゃダメだよ…!
グク
グク
知ってます笑
ホソク
ホソク
…伝えないの?
グク
グク
伝えません
グク
グク
手術が終わるまで絶対に言いません
ホソク
ホソク
…そんなの…悲しすぎるよ…
グク
グク
俺が話したところであなたは自分の心配をしないで俺の心配をするはず
グク
グク
あなただってドナーが見つからないと死んじゃうんですよ?
グク
グク
俺は死にません…ずっと生きてます
ホソク
ホソク
ジョングガ…
グク
グク
だって俺今生きてるじゃないですか!笑
グク
グク
勝手にヒョンの中から俺を消さないでくださいよー笑
ホソク
ホソク
消すわけないじゃん!!
グク
グク
じゃあいつもみたいに笑ってくださいよ笑
ホソク
ホソク
…分かったよ笑
ホソク
ホソク
こんな弱いヒョンでごめんね
グク
グク
全然
グク
グク
たまに俺の方がホソギヒョンよりヒョンじゃないかって思う時ありますけど全然頼れます
ホソク
ホソク
いや、それ軽くディスってない?笑
グク
グク
いやいや、ただヒョンを褒めてるだけです笑
ホソク
ホソク
おいジョングガ今ヒョンをからかってるな?笑
グク
グク
バレました?笑
ホソク
ホソク
こらー!!笑
グク
グク
怒った笑
俺はこれでいい
もう、決めたんだ
お父さんにもお母さんにも、ホソギヒョンにも
この気持ちは伝えてある
みんな悲しんでたけど、俺の気持ちを優先してくれた
そういえば先生とか看護師さんがびっくりしてたけど
俺、動けたり話せたりするのができることだけでも凄いらしい笑
そうなの?笑
ホソク
ホソク
またお見舞いに来るから、それまでちゃんと休んでなよ?
グク
グク
あなたとイチャイチャしますので出来ません
ホソク
ホソク
じゃあイチャイチャするのは程々にして休みなよ?
グク
グク
程々には出来ないので無理です
ホソク
ホソク
無理じゃなくて努力して?笑
グク
グク
分かってますよ笑
ホソク
ホソク
うぅ…もう少しジョングガの顔を見てたい…
グク
グク
そんなに見つめなくてもいいのに笑
ホソク
ホソク
この顔…もう少しで死んじゃう人には思えないよ…
グク
グク
だから、俺は死なないって言ってるのに笑
グク
グク
ホソギヒョン大好き
ホソク
ホソク
…!!
ホソク
ホソク
今、何て?
グク
グク
もう言いません
ホソク
ホソク
お願い!あと1回だけ!!
グク
グク
もうあなただけにしか言いません!笑
あなた大好きだよ