無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

47
震える手を抑えながら手紙を開けてみる
"あなたへ
あなたがこの手紙を読んでるってことは手術から帰ってきたんだね
おかえりあなた
あなたが目覚めた時に手を握れなくてごめん…
実はさ…
俺また再発しちゃったみたいで…笑
手術の成功率低かったからさ、手術で失敗して死ぬよりあなたの役に立ちたいなって思ってね
俺、あなたの心臓として生きることにした
本当はまだあなたと話したかったし、キスしたかったし、手繋ぎたかったし、色々したかったよ
でも、俺はこれからもあなたの体の1部として生きていくんだよ!
…ってことはさ、俺もまだ生きてるんだよ?
喋ることは出来ないけどあなたと一緒に生きていけるんだよ
そう思ったらめっちゃ嬉しくてさ!
だからあなた、悲しまないでね?
ほら、笑って?
笑ってるあなたが1番可愛いよ
ちなみに、絶対悲しまないで?って言ってもあなた寂しがるだろうと思ったからあなたのクローゼットの中にあるぬいぐるみ達にあるプレゼントを付けておきました笑
たくさんあるから全部見つけるの大変かもね?笑
あなたの体の中には俺の心臓がいる
だからこれから先、不安なことがあったとしても俺がそばにいるから大丈夫
きっとあなたなら強い心を持てるようになれるはず
俺はあなたの彼氏になれて幸せだったよ
手術成功おめでとう
早く退院して、元気になれよ!
世界一あなたを愛してる
グクより"
you
you
グク…っ泣
グクは私のためにドナーになってくれたんだね…
you
you
ありがとう…グク…っ
you
you
私の心臓になってくれて…ありがとう…
you
you
私も世界一愛してるよ…
"チュッ"
冷たくなったグクの手に私はキスをした
そして自分の心臓に手を当てる
you
you
ここにはグクがいる…
目の前にも私の心臓にもグクがいる
you
you
グクの分も…生きなきゃね
私がドナーさんになんて手紙を書けばいいのか悩んでる時だって
手術のことで不安な時だって
グクも辛かったはずなのに
you
you
私に弱さなんて見せてくれなかったね…
そこがグクらしいか…
you
you
最後にグクが残してくれたもの、全部探すね
最後の最後まで私のことを思ってプレゼントを用意してくれていたグク
you
you
最高の彼氏だよ…
you
you
大好き…っ
冷たくなった頬を触りながらグクに向かって微笑んだ