無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
ユリ
ユリ
おはようございます!あなたさん!
you
you
おはようございます。ユリさん。
今日もまたユリさんの声で目覚めて
看護師
看護師
今日もいい天気ですね!
you
you
そうですね…
今日もまた天気の話をして
看護師
看護師
お庭、散歩に行きません?
you
you
行きたいです
することがないから、とりあえず外に行く
病院の庭に着くと
ユリ
ユリ
何かスイーツ食べますか?
you
you
ユリさんが食べるなら…
ユリさんがいつも私に何かを買ってくれる
ユリさんはいつも私にだけ特別に買ってくれる
なんか、嬉しい
ユリ
ユリ
よし!じゃあ食べに行きましょ〜!
you
you
なんだかユリさんの方が楽しそう笑
ユリさんが少しでも私を外に連れ出そうとしてくれているのがすごく分かる
ユリさんは私が小さい頃から私についてた看護師さん
私が入院した時からいた人だからなんでも頼れる
最近は今までよりも私の病室に来てくれることが多くなった
ユリさんが担当している患者さんはたくさんいるはずなのにな…
もしかして…
ユリさんは、気づいてるのかな。
私が生きる気力を失っているってことを。