無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
〜グクside〜
グク
グク
うっ…
最近の俺、どうしたんだ
頭が痛くなること多くなってきたな…
俺は手術して腫瘍取れば元気になれる
だけど…
あなたは…
you
you
げほっ…ごほっ…
"トンッ…トンッ…"
グク
グク
大丈夫?
俺が出会ったばかりの頃よりも体調を崩すようになった
よく胸を痛がるようになったし…
俺と変われたら変わりたいよ…
俺があなたを笑顔にしてやりたい
あなたの側にいてあげたいって心に誓ったから
…って俺、
何彼氏みたいなこと言ってるんだろ…
俺は…
あなたのことが好きなのか…?
you
you
うぅ…っ…
グク
グク
あなた、胸痛い?
"コクッ"
グク
グク
待ってて、今先生呼んでくる
あなた…
いつも思う
あなたが胸を押さえて苦しむ姿を見ると…
このまま眠ったまま起きなくなるんじゃないか…って
そんなの絶対にだめ。
"タタタッ"
グク
グク
せ、先生!!!あなたが…!!!
医者
医者
!!
医者
医者
すぐ行きます!
あなたは絶対に死なせないっ…
その後、あなたは安心したように眠った
"ポンポンッ"
グク
グク
ゆっくり…休み…なっ…
"ズキッ…"
グク
グク
いっ…!
や、やばい…
フラフラする…
ちょ、ベッド…
"バタッ…"
お、俺…
今…どこにいるんだ…?
自分のベッドのカーテンを開けようとした途端
俺は倒れてしまった。