無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

41
〜夜〜
午前中、グクが話してくれた通り
私達は一緒に寝ることになった
いつもとは違うベッドの匂い
グクの匂いがするベッドに私はいる
you
you
なんかドキドキする…///
グク
グク
いい雰囲気だね笑
グク
グク
もし俺達が普通の生活してたらなぁ
you
you
普通の生活してたら?
グク
グク
あなたのこと食べちゃうのになぁ〜笑
you
you
…ばか///
グク
グク
照れてる笑
グクが変な事言うから意識しちゃうじゃん…///
グク
グク
あなた、こっち向いて
you
you
…恥ずかしくて見れないよ…///
グク
グク
いいからこっち向いて
you
you
分かっ…ん…///
グクの方を向くと
いつもとは違う、キスをされた
you
you
…んぁっ///
グク
グク
口、開けて
you
you
ん…ふっ…///
グクの言われた通りに口を開けたら
グクの舌が入ってきた
いつもとは違って大人になった気分…///
you
you
んんっ…///
you
you
グク…っ///
グク
グク
あなた…大好き
you
you
っはぁ…はぁ…///
you
you
私も、大好きだよ///
グク
グク
ごめん、苦しかった?
you
you
グクだったから大丈夫
グク
グク
何だそれ笑
今日という日は
今までよりも私の中がグクでいっぱいになった日になった
グク
グク
あなた顔赤い笑
you
you
グクのせいでしょ…///
グク
グク
あなたの頭の中を俺でいっぱいにしてあげただけだよ?
you
you
もうっ…!笑///
グク
グク
明日は手術なんだから、もう寝よ?
you
you
…寝れないよ笑
グク
グク
だめ。寝なさい笑
you
you
えー笑
you
you
寝れないもん笑
グク
グク
悪い子にはお仕置するよ?笑
"チュッ"
you
you
んっ…っ…!///
you
you
わ、分かったから!もう寝るから!///
グク
グク
よし、いい子笑
you
you
じゃあ
you
you
おやすみグク
グク
グク
おやすみあなた
私はグクの腕枕で眠った
ベッドに誰かと一緒に寝るということは
いつも1人で眠っていたベッドからは感じることの出来ないすごい安心感があった
しかもそう感じることが出来たのは私の大好きな人だったからだと思う
おかげで明日の手術頑張れる!
…多分手術中も頭の中はグクでいっぱいかもしれないけど笑///
"ポタッ"
今…
頬になにか落ちた気がする…?
でも、夢の世界に入りかけてた私はよく分からず眠りについてしまった
NEXT