無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

44
今、私とグクはベッドの上で
沢山笑いあって
抱きしめあって
見つめあって
手を繋ぎあった
気づいたら
あっという間に手術の時間になって
私が手術室に行かなくてはいけない時間になってしまった
"コンコン"
"ガチャ"
ユリ
ユリ
あなたさん
ユリ
ユリ
そろそろ手術室に行く時間です
you
you
…はい!
私はグクのベッドから降りる
その時…
グク
グク
あなた
you
you
ん?
グク
グク
頑張ってこいよ!
満面の笑みでグクがそう言ってくれた
you
you
うん!ありがとう
グク
グク
行ってらっしゃい
you
you
行ってきます
グク
グク
愛してる
you
you
…///
you
you
手術前に照れさせないでよ…笑///
グク
グク
あなたからも聞きたいなぁ?
you
you
…意地悪…///
you
you
愛してるに決まってるでしょ!!///
グク
グク
へへっ笑 嬉しい笑
you
you
なんだよ〜笑
グク
グク
可愛いな〜って思って笑
グク
グク
やっぱり笑ってるあなたが1番だな!
you
you
また笑えるようになったのはグクのおかげだよ!
グク
グク
俺も人見知り治ったのはあなたのおかげ
you
you
人見知りは治ってないでしょ笑
you
you
話せるのは私だけでしょ?笑
グク
グク
そうでした笑
グク
グク
…って、こんな話はいいから!笑
グク
グク
早く行かないと先生達待ってるよ?笑
you
you
もっとグクと話してたいよ…
グク
グク
俺もだよ
you
you
じゃあ、私が目覚めたら1番最初にグクと話す!
you
you
ってことで行ってくる!
グク
グク
おう!
グク
グク
行ってらっしゃい
こうして私は手術室に向かうためにベッドに横になった
そして
この会話がグクとの最後の会話になった